11.2. Java 永続 API (JPA)

11.2.1. JPA について

Java Persistence API (JPA) は、Java プロジェクトで永続性を利用する際の規格です。Java EE 6 アプリケーションは、SecurityContext に文書でまとめられている Java Persistence 2.0 仕様を利用します。
Hibernate EntityManager は、JPA 2.0 specification で定義されている、プログラミングインターフェースおよびライフサイクルルールを実装します。Hibernate EntityManager により、JBoss Enterprise Application Platform にて完全な Java Persistence ソリューションを得ることができます。
JBoss Enterprise Application Platform 6 は Java Persistence 2.0 仕様に完全準拠しています。Hibernate はこの仕様に対しさらに機能を提供しています。
JPA および JBoss Enterprise Application Platform 6 を利用するには、bean-validationgreeterkitchensink クイックスタート: 「Java EE クイックスタートサンプルへのアクセス」 を参照してくだい。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。