9.2.12. 移植可能な拡張機能について

CDI は、フレームワーク、拡張機能、および他のテクノロジーとの統合の基礎となることを目的としています。したがって、CDI は、移植可能な CDI の拡張機能の開発者が使用する SPI のセットを公開します。拡張機能は、以下の種類の機能を提供できます。
  • ビジネスプロセス管理エンジンとの統合
  • Spring、Seam、GWT、Wicket などのサードパーティーフレームワークとの統合
  • CDI プログラミングモデルに基づく新しいテクノロジー
JSR-299 仕様に基づいて、移植可能な拡張機能は次の方法でコンテナと統合できます。
  • 独自の Bean、インターセプター、およびデコレーターをコンテナに提供します。
  • 依存関係挿入サービスを使用して独自のオブジェクトに依存関係を挿入します。
  • カスタムスコープのコンテキスト実装を提供します。
  • アノテーションベースのメタデータを他のソースからのメタデータで拡大またはオーバーライドします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。