11.2.5. 2 次キャッシュ

11.2.5.1. 2 次キャッシュについて

2 次キャッシュとは、アプリケーションセッション以外で永続的に情報を保持するローカルのデータストアのことです。このキャッシュは永続プロバイダーにより管理されており、アプリケーションとデータを分けることでランタイム効率の改善をはかることができます。
JBoss Enterprise Application Platform 6 は以下を目的としたキャッシングをサポートします。
  • Web セッションのクラスタリング
  • ステートフルセッション Bean のクラスタリング
  • SSO クラスタリング
  • Hibernate 2 次キャッシュ
各キャッシュコンテナは 「repl」 と 「dist」 キャッシュを定義します。これらのキャッシュは、ユーザーアプリケーションで直接使用しないでください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。