12.11. ファイル拡張子の設定

12.11.1. web.xml ファイルでメディアタイプへファイル拡張子をマッピングする

概要

クライアントによっては、ブラウザー同様に表現のメディアタイプや言語のネゴシエーションに Accept および Accept-Language ヘッダーを使用できないものがあります。RESTEasy はこの問題に対処するため、ファイル名のサフィックスをメディアタイプや言語にマッピングすることができます。次の手順に従って、web.xml ファイルにてメディアタイプをファイル拡張子にマッピングします。

手順12.4 メディアタイプとファイル拡張子のマッピング

  1. テキストエディターでアプリケーションの web.xml ファイルを開きます。
  2. コンテキストパラメーター resteasy.media.type.mappings をファイルの web-app タグ内に追加します。
    <context-param>
        <param-name>resteasy.media.type.mappings</param-name>
    </context-param>
    
    
  3. パラメーター値を設定します。マッピングはコンマ区切りリストを形成します。各マッピングは : で区切られます。

    例12.13 マッピングの例

    <context-param>
        <param-name>resteasy.media.type.mappings</param-name>
        <param-value>html : text/html, json : application/json, xml : application/xml</param-name>
    </context-param>
    
    

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。