12.3. RESTful Web サービスについて

RESTful Web サービスは、API を Web に公開するために設計されています。クライアントが予測可能な URL を使うことでデーターやリソースへアクセスできるようにし、従来の Web サービスよりもパフォーマンス、拡張性、柔軟性の向上を目指しています。
RESTful サービス の Java Enterprise Edition 6 仕様は JAX-RS で、JAX-RS に関する詳細情報は、「JAX-RS について」 および 「RESTEasy について」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。