4.5. Web アプリケーションがオーセンティケーターバルブを使用するよう設定する

アプリケーションがオーセンティケーターバルブを使用するよう設定するには、バルブをインストールおよび設定し (アプリケーションに対してローカル、またはグローバルバルブとして)、アプリケーションの web.xml デプロイメント記述子を設定する必要があります。最も単純なケースでは、web.xml 設定は BASIC 認証を使用した場合と同じです。ただし、of login-configauth-method 子要素は、設定を実行するバルブの名前に設定されます。

要件

  • 認証バルブがすでに作成されている必要があります。
  • 認証バルブがグローバルバルブの場合、認証バルブはすでにインストールおよび設定されている必要があります。また、設定された名前を知っている必要があります。
  • アプリケーションが使用するセキュリティーレルムのレルム名を知っている必要があります。
使用するバルブまたはセキュリティーレルム名を知らない場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。

手順4.2 アプリケーションがオーセンティケーターバルブを使用するよう設定する

  1. バルブを設定する

    ローカルバルブを使用する場合は、jboss-web.xml デプロイメント記述子で設定する必要があります。「Web アプリケーションがバルブを使用するよう設定する」を参照してください。
    グローバルバルブを使用する場合、これは不必要です。
  2. セキュリティー設定を web.xml に追加する

    security-constraint、login-config、security-role などの標準的な要素を使用して、セキュリティー設定をアプリケーションの web.xml ファイルに追加します。login-config 要素で、auth-method の値をオーセンティケーターバルブの名前に設定します。また、realm-name 要素を、アプリケーションが使用している JBoss セキュリティーレルムの名前に設定する必要があります。
    <login-config>
       <auth-method>VALVE_NAME</auth-method>
       <realm-name>REALM_NAME</realm-name>
    </login-config>
    
アプリケーションがデプロイされた場合、要求の認証は設定された認証バルブにより処理されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。