11.7.5. 設定

11.7.5.1. Envers パラメーターの設定

JBoss Enterprise Application Platform 6 は、Hibernate Envers よりエンティティーの監査を使用し、永続クラスの変更履歴を追跡します。ここでは、使用可能な Envers パラメーターの設定について取り上げます。

手順11.9 Envers パラメーターの設定

  1. アプリケーションの persistence.xml ファイルを開きます。
  2. 必要に応じて Envers プロパティーを追加、削除、設定します。使用可能なプロパティーの一覧は 「Envers の設定プロパティー」 を参照してください。

例11.32 Envers パラメーターの例

<persistence-unit name="mypc">
  <description>Persistence Unit.</description>
  <jta-data-source>java:jboss/datasources/ExampleDS</jta-data-source>
  <shared-cache-mode>ENABLE_SELECTIVE</shared-cache-mode>
  <properties>
    <property name="hibernate.hbm2ddl.auto" value="create-drop" />
    <property name="hibernate.show_sql" value="true" />
    <property name="hibernate.cache.use_second_level_cache"	value="true" />
    <property name="hibernate.cache.use_query_cache" value="true" />
    <property name="hibernate.generate_statistics" value="true" />
    <property name="org.hibernate.envers.versionsTableSuffix" value="_V" />
    <property name="org.hibernate.envers.revisionFieldName" value="ver_rev" />
  </properties>
</persistence-unit>
結果
アプリケーションのすべての JPA エンティティーに対して監査の設定が行われます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。