14.4.4. EJB へのリモートアクセス

14.4.4.1. リモートメソッドアクセスについて

JBoss Remoting は EJB や JMX MBeans、その他類似のサービスにリモートアクセスを提供するフレームワークです。SSL の有無にかかわらず次のトランスポートタイプ内で動作します。

サポートされているトランスポートタイプ

  • ソケット / セキュアソケット
  • RMI / RMI over SSL
  • HTTP / HTTPS
  • サーブレット / セキュアサーブレット
  • バイソケット (Bisocket) / セキュアバイソケット (Secure Bisocket)
JBoss Remoting はマルチキャストまたは JNDI からの自動ディスカバリーも提供します。
自動ディスカバリーは JBoss Enterprise Application Platform 内の多くのサブシステムによって使用されています。これにより、複数の異なるトランスポートメカニズム上でクライアントによってリモートで呼び出されるサービスを設計、実装、デプロイすることが可能になります。さらに、JBoss Enterprise Application Platform の既存サービスへのアクセスが可能になります。
データのマーシャリング

Remoting システムはデータのマーシャリングサービスやアンマーシャリングサービスも提供します。データのマーシャリングとは、別のシステムで処理を実行できるようネットワークやプラットフォーム境界の全体で安全にデータを移動できる機能のことを言います。処理結果は元のシステムへ返送され、ローカルで処理されたように動作します。

アーキテクチャーの概要

Remoting を使用するクライアントアプリケーションを設計する場合、URL 型の形式の単純な文字列である InvokerLocator と呼ばれる特別なリソースロケーターを使用するよう設定し、アプリケーションがサーバーと通信するようにします。remoting サブシステムの一部として設定される connector 上で、サーバーはリモートリソースの要求をリッスンします。connector は設定済みの ServerInvocationHandler へ要求を渡します。各 ServerInvocationHandler は要求の対処方法を認識するメソッド invoke(InvocationRequest) を実装します。

JBoss Remoting フレームワークにはクライアントとサーバー側でお互いをミラーリングする 3 つのレイヤーが含まれています。

JBoss Remoting フレームワークレイヤー

  • ユーザーは外部レイヤーとやりとりします。クライアント側では外部レイヤーは呼び出し要求を送信する Client クラスになります。サーバー側ではユーザーによって実装され、呼び出し要求を受信する InvocationHandler になります。
  • トランスポートはインボーカーレイヤーによって制御されます。
  • 最も下のレイヤーにはデータ形式をワイヤー形式に変換するマーシャラーとアンマーシャラーが含まれています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。