15.8. Web アプリケーションに対して Kerberos または Microsoft Active Directory のデスクトップ SSO を設定する

はじめに

Microsoft Active Directory など、組織における既存の Kerberos ベースの認証承認インフラストラクチャーを使用して Web アプリケーションや EJB アプリケーションを認証するため、Enterprise Application Platform 6 に内蔵される JBoss Negotiation の機能を使用することが可能です。Web アプリケーションを適切に設定すれば、デスクトップまたはネットワークへのログインに成功するだけでWeb アプリケーションに対して透過的な認証を行えるため、追加のログインプロンプトは必要ありません。

JBoss Enterprise Application Platform の以前のバージョンとの相違点

JBoss Enterprise Application Platform 6 と以前のバージョンには顕著な違いがいくつかあります。

  • セキュリティードメインは、管理対象ドメインの各プロファイルまたは各スタンドアロンサーバーに対して設定されます。セキュリティードメインはデプロイメントの一部ではありません。デプロイメントが使用する必要のあるセキュリティードメインは、デプロイメントの jboss-web.xml または jboss-ejb3.xml ファイルに名前が指定されています。
  • セキュリティープロパティーは設定の一部分で、セキュリティードメインの一部として設定されます。デプロイメントの一部ではありません。
  • デプロイメントの一部としてオーセンティケーターを上書きすることができなくなりましたが、NegotiationAuthenticator バルブを jboss-web.xml 記述子に追加すると同じ結果を得ることができます。バルブでも <security-constraint> および <login-config> 要素が web.xml に定義されている必要があります。これらはセキュアなリソースを決定するために使用されますが、選択された auth-method は jboss-web.xml の NegotiationAuthenticator バルブによって上書きされます。
  • セキュリティードメインの CODE 属性は、完全修飾クラス名ではなく、単純名を使用するようになりました。次の表は、これらのクラスと JBoss Negotiation に使用されるクラスとのマッピングを表しています。

表15.2 ログインモジュールコードとクラス名

単純名 クラス名 目的
Kerberos com.sun.security.auth.module.Krb5LoginModule Kerberos ログインモジュール。
SPNEGO org.jboss.security.negotiation.spnego.SPNEGOLoginModule Web アプリケーションが Kerberos 認証サーバーへ認証できるようにするメカニズム。
AdvancedLdap org.jboss.security.negotiation.AdvancedLdapLoginModule Microsoft Active Directory 以外の LDAP サーバーと使用されます。
AdvancedAdLdap org.jboss.security.negotiation.AdvancedADLoginModule Microsoft Active Directory の LDAP サーバーを使用されます。
Jboss Negotiation Toolkit

JBoss Negotiation Toolkithttps://community.jboss.org/servlet/JiveServlet/download/16876-2-34629/jboss-negotiation-toolkit.war よりダウンロード可能なデバッグ用のツールです。アプリケーションを実稼動環境に導入する前に認証メカニズムをデバッグし、テストできるようにするため提供されている追加のツールです。サポート対象のツールではありませんが、SPENEGO を Web アプリケーションに対して設定することは難しいこともあるため、大変便利なツールと言えます。

手順15.1 Web または EJB アプリケーションへ SSO 認証を設定

  1. サーバーのアイデンティティーを表すセキュリティードメインを 1 つ設定します。必要な場合はシステムプロパティーを設定します。

    最初のセキュリティードメインは、コンテナ自体をディレクトリーサービスへ認証します。ユーザーではなくコンテナ自体の認証であるため、ある種の静的ログインメカニズムを受容するログインモジュールを使用する必要があります。この例では静的プリンシパルを使用し、認証情報が含まれるキータブファイルを参照します。
    明確にするため、この例では XML コードが提供されていますが、管理コンソールまたは管理 CLI を使用してセキュリティードメインを設定するようにしてください。
    <security-domain name="host" cache-type="default">
       <authentication>
          <login-module code="Kerberos" flag="required">
             <module-option name="storeKey" value="true"/>
             <module-option name="useKeyTab" value="true"/>
             <module-option name="principal" value="host/testserver@MY_REALM"/>
             <module-option name="keyTab" value="/home/username/service.keytab"/>
             <module-option name="doNotPrompt" value="true"/>
             <module-option name="debug" value="false"/>
          </login-module>
       </authentication>
    </security-domain>		
    		
    
    
  2. Web アプリケーションやアプリケーションをセキュアにするため、2 つ目のセキュリティードメインを設定します。必要な場合はシステムプロパティーを設定します。

    2 つ目のセキュリティードメインは、個別のユーザーを Kerberos または SPNEGO 認証サーバーへ認証するために使用されます。ユーザーの認証に最低でも 1 つのログインモジュールが必要で、ユーザーに適用するロールを検索するために別のログインモジュールが必要となります。次の XML コードは SPNEGO セキュリティードメインの例を表しています。これには、ロールを個別のユーザーにマッピングする承認モジュールが含まれます。認証サーバー上でロールを検索するモジュールを使用することもできます。
    <security-domain name="SPNEGO" cache-type="default">
       <authentication>
          <!-- Check the username and password -->
          <login-module code="SPNEGO"  flag="requisite">
             <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
             <module-option name="serverSecurityDomain" value="host"/>
          </login-module>
          <!-- Search for roles -->
          <login-module code="UserRoles" flag="required">
             <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass" />
             <module-option name="usersProperties" value="spnego-users.properties" />
             <module-option name="rolesProperties" value="spnego-roles.properties" />
          </login-module> 
       </authentication>
    </security-domain>		
    		
    
    
  3. web.xml の security-constraint と login-config を指定します。

    web.xml 記述子にはセキュリティー制約とログイン設定に関する情報が含まれています。セキュリティー制約とログイン情報の値の例は次の通りです。
    <security-constraint>
       <display-name>Security Constraint on Conversation</display-name>
       <web-resource-collection>
          <web-resource-name>examplesWebApp</web-resource-name>
          <url-pattern>/*</url-pattern>
       </web-resource-collection>
       <auth-constraint>
       <role-name>RequiredRole</role-name>
       </auth-constraint>
    </security-constraint>
    
    <login-config>
       <auth-method>SPNEGO</auth-method>
       <realm-name>SPNEGO</realm-name>
    </login-config>
     
    <security-role>
       <description> role required to log in to the Application</description>
       <role-name>RequiredRole</role-name>
    </security-role>		
    		
    
    
  4. jboss-web.xml 記述子にセキュリティードメインと他の設定を指定します。

    クライアント側のセキュリティードメイン (例の 2 番目のセキュリティードメイン) の名前をデプロイメントの jboss-web.xml 記述子に指定し、アプリケーションがこのセキュリティードメインを使用するよう指示します。
    オーセンティケーターを直接上書きすることができなくなりましたが、必要な場合は NegotiationAuthenticator をバルブとして jboss-web.xml 記述子に追加することができます。<jacc-star-role-allow> は任意で、複数のロール名を一致させるためアスタリスク (*) の使用を許可します。
    <jboss-web>
       <security-domain>java:/jaas/SPNEGO</security-domain>
       <valve>
          <class-name>org.jboss.security.negotiation.NegotiationAuthenticator</class-name>
       </valve>
       <jacc-star-role-allow>true</jacc-star-role-allow>
    </jboss-web>		
    		
    
    
  5. アプリケーションの MANIFEST.MF に依存関係を追加し、Negotiation クラスを見つけます。

    Web アプリケーションが JBoss Negotiation クラスを見つけるには、クラス org.jboss.security.negotiation 上の依存関係をデプロイメントの META-INF/MANIFEST.MF マニフェストに追加する必要があります。適切にフォーマットされたエントリは次の通りです。
    Manifest-Version: 1.0
    Build-Jdk: 1.6.0_24
    Dependencies: org.jboss.security.negotiation
    
結果

Web アプリケーションが Kerberos や Microsoft Active Directory、 SPNEGO 対応のディレクトリサービスに対して認証情報を許可し、認証します。既にディレクトリサービスにログインしているシステムよりユーザーがアプリケーションを実行し、必要なロールが既にユーザーに適用されている場合、Web アプリケーションは認証を要求しないため、SSO の機能が実現されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。