Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

38.2. IdM WebUI インターフェイスを使用した subID 範囲の生成

subID の範囲を生成し、IdM WebUI インターフェイスでユーザーに割り当てることができます。

前提条件

手順

  1. IdM WebUI インターフェイスで、Subordinate IDs タブをデプロイメントし、Subordinate IDs を選択します。
  2. Subordinate IDs インターフェイスが表示されたら、インターフェイスの右上にある Add をクリックします。ウィンドウの “Add subid" が表示されます。
  3. ウィンドウ “Add subid" で所有者を選択します。所有者は、subID を割り当てるユーザーになります。
  4. Add ボタンをクリックします。

検証

  1. Subordinate IDs タブの下にあるテーブルを確認します。新しいレコードが表示され、所有者が、subID の範囲を割り当てるユーザーになります。