Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

52.2. 現在の PKINIT 設定の表示

IdM には、ドメインの PKINIT 設定をクエリーするのに使用できるコマンドが複数用意されています。

手順

  • ドメインの PKINIT のステータスを確認するには、ipa pkinit-status コマンドを使用します。

    $ ipa pkinit-status
      Server name: server1.example.com
      PKINIT status: enabled
      [...output truncated...]
      Server name: server2.example.com
      PKINIT status: disabled
      [...output truncated...]

    このコマンドは、enabled または disabled として PKINIT 設定の状態を表示します。

    • Enabled: PKINIT は、統合 IdM CA または外部 PKINIT 証明書により署名された証明書を使用して設定されます。
    • Disabled: IdM は、IdM サーバーでの内部目的でのみ PKINIT を使用します。
  • IdM クライアントの PKINIT に対応するアクティブな Kerberos 鍵配布センター (KDC) がある IdM サーバーをリスト表示するには、任意のサーバーで ipa config-show コマンドを使用します。

    $ ipa config-show
      Maximum username length: 32
      Home directory base: /home
      Default shell: /bin/sh
      Default users group: ipausers
      [...output truncated...]
      IPA masters capable of PKINIT: server1.example.com
      [...output truncated...]