Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

115.2. Directory Server のログファイル

以下の表は、Identity Management (IdM) Directory Server (DS) インスタンスが情報をログ記録に使用するディレクトリーおよびファイルを示しています。DS 関連の問題のトラブルシューティングには、ファイルおよびディレクトリーを使用できます。

表115.1 Directory Server のログファイル

ディレクトリーまたはファイル説明

/var/log/dirsrv/slapd-REALM_NAME/

IdM サーバーが使用する DS インスタンスに関連付けられたログファイル。ここに記録されるほとんどの運用データは、サーバーとレプリカの相互作用に関連しています。

/var/log/dirsrv/slapd-REALM_NAME/audit

DS 設定で監査を有効にした場合のすべての DS 操作の監査証跡が含まれます。

注記

IdM API がアクセスを記録する Apache エラーログを監査することもできます。ただし、LDAP 経由で直接変更できるため、Red Hat は監査目的でより包括的な /var/log/dirsrv/slapd-REALM_NAME/audit ログを有効にすることを推奨します。

/var/log/dirsrv/slapd-REALM_NAME/access

ドメイン DS インスタンスの試行したアクセスに関する詳細情報が含まれています。

/var/log/dirsrv/slapd-REALM_NAME/errors

ドメイン DS インスタンスの失敗した操作に関する詳細情報が含まれます。