Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

71.5. 証明書追跡の開始および停止

本セクションでは、getcert stop-tracking コマンドおよび getcert start-tracking コマンドを使用して証明書を監視する方法を説明します。この 2 つのコマンドは、certmonger サービスで利用できます。証明書追跡を有効にすると、Identity Management (IdM) 認証局 (CA) が発行する証明書を、別の IdM クライアントのマシンにインポートすると特に便利です。証明書の追跡を有効にすることは、次のプロビジョニングシナリオの最終ステップでもあります。

  1. IdM サーバーでは、存在していないシステムの証明書を作成する。
  2. 新しいシステムを作成する。
  3. 新しいシステムを IdM クライアントとして登録する。
  4. IdM クライアントの IdM サーバーから、証明書および鍵をインポートする。
  5. certmonger を使用して証明書の追跡を開始し、有効期限が切れる時に証明書を更新するようにする。

手順

  • 要求 ID が 20190408143846 の証明書の監視を無効にするには、次のコマンドを実行します。

    # getcert stop-tracking -i 20190408143846

    その他のオプションは、man ページの getcert stop-tracking を参照してください。

  • /tmp/some_cert.crt ファイルに保存されている証明書の監視を有効にするには、次のコマンドを実行します。秘密鍵が /tmp/some_key.key ファイルに保存されます。

    # getcert start-tracking -c IPA -f /tmp/some_cert.crt -k /tmp/some_key.key

    certmonger は、証明書を発行した CA タイプを自動的に特定できません。そのため、IdM CA が証明書を発行した場合は、getcert start-tracking コマンドに IPA 値を付けて -c オプションを追加します。-c オプションを追加しないと、certmonger が NEED_CA 状態になります。

    その他のオプションは、man ページの getcert start-tracking を参照してください。

注記

この 2 つのコマンドは証明書を操作しません。たとえば、getcert stop-tracking は、証明書を削除しなかったり、NSS データベースまたはファイルシステムから削除したりせず、監視する証明書の一覧から証明書を削除します。同様に、getcert start-tracking は、監視された証明書の一覧に証明書のみを追加します。