Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

56.3. 証明書をブラウザーに読み込むための準備

ユーザー証明書をブラウザーにインポートする前に、証明書と対応する秘密鍵が PKCS #12 形式にあることを確認してください。その他の準備作業が必要な一般的な状況は、次の 2 つです。

その後、PEM 形式の CA 証明書と、PKCS #12 形式のユーザー証明書をブラウザーにインポートするには、証明書認証を有効にするためのブラウザーの設定 および Identity Management ユーザーとして証明書を使用した Identity Management Web UI の認証 の手順に従います。

56.3.1. NSS データベースから PKCS #12 ファイルへの証明書と秘密鍵のエクスポート

手順

  1. 証明書を、NSS データベースから PKCS12 形式にエクスポートするには、pk12util コマンドを使用します。たとえば、~/certdb ディレクトリーに保存されている NSS データベースから、~/some_user.p12 ファイルに、some_user ニックネームを持つ証明書をエクスポートする場合は、次のコマンドを実行します。

    $ pk12util -d ~/certdb -o ~/some_user.p12 -n some_user
    Enter Password or Pin for "NSS Certificate DB":
    Enter password for PKCS12 file:
    Re-enter password:
    pk12util: PKCS12 EXPORT SUCCESSFUL
  2. .p12 ファイルに適切なパーミッションを設定します。

    # chmod 600 ~/some_user.p12

    PKCS #12 ファイルには秘密鍵も含まれるため、その他のユーザーがファイルを使用できないように保護する必要があります。それ以外の場合は、ユーザー権限になりすますことができます。