Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.7. IdM CLI を使用した automember ルールからの条件削除

本セクションでは、automember ルールから特定の条件を削除する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. ipa automember-remove-condition コマンドを実行します。
  2. プロンプトが表示されたら、以下を指定します。

    • Automember rule。これは、条件を削除するルールの名前です。
    • Attribute Key.これはターゲットエントリー属性です。たとえば、ユーザーの uid です。
    • Grouping Type。これは、ユーザーグループまたはホストグループのどちらの条件を削除するかを指定します。group または hostgroup を入力します。
    • Inclusive regex および Exclusive regex。この正規表現で、削除する条件を指定します。条件を 1 つだけ指定する場合は、他の条件の入力を求められたら Enter を押します。

      以下に例を示します。

    $ ipa automember-remove-condition
    Automember Rule: user_group
    Attribute Key: uid
    Grouping Type: group
    [Inclusive Regex]: .*
    [Exclusive Regex]:
    -----------------------------------
    Removed condition(s) from "user_group"
    -----------------------------------
      Automember Rule: user_group
    ------------------------------
    Number of conditions removed 1
    ------------------------------