Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

52.4. IdM Web UI を使用した IdM クライアントでの IdM ユーザーへの sudo アクセス権の付与

Identity Management (IdM) では、特定の IdM ホストで IdM ユーザーアカウントの特定コマンドに sudo アクセスを付与できます。最初に sudo コマンドを追加してから、1 つまたは複数のコマンドに対して sudo ルールを作成します。

idmclient マシンで /usr/sbin/reboot コマンドを実行する権限を idm_user に付与する idm_user_reboot の sudo ルールを作成するには、以下の手順を実行します。

前提条件

  • IdM 管理者としてログインしている。
  • IdM で idm_user のユーザーアカウントを作成し、ユーザーのパスワードを作成してそのアカウントのロックを解除している。コマンドラインインターフェイスを使用して新しい IdM ユーザーを追加する方法の詳細は、コマンドラインを使用したユーザーの追加 を参照してください。
  • idmclient ホストにローカル idm_user アカウントが存在しない。idm_user ユーザーは、ローカルの /etc/passwd ファイルには表示されません。

手順

  1. sudo コマンドの IdM データベースに /usr/sbin/reboot コマンドを追加します。

    1. PolicySudoSudo Commands の順に移動します。
    2. 右上にある Add をクリックして、Add sudo command ダイアログボックスを開きます。
    3. sudo: /usr/sbin/reboot を使用してユーザーが実行できるコマンドを入力します。

      図52.1 IdM sudo コマンドの追加

      ラベルが sudo コマンドの追加のポップアップウィンドウのスクリーンショット。 Sudo command という必須フィールドに "/usr/sbin/reboot" という内容が入力されており、Description フィールドは空白です。ウィンドウの右下のボタンには "Add" - "Add and Add Another" - "Add and Edit" - "Cancel" の 4 つのボタンがあります。
    4. Add をクリックします。
  2. 新しい sudo コマンドエントリーを使用して sudo ルールを作成し、idm_useridmclient マシンを再起動できるようにします。

    1. PolicySudoSudo ルールに移動します。
    2. 右上にある Add をクリックして、Add sudo rule ダイアログボックスを開きます。
    3. sudo ルールの名前を入力します (idm_user_reboot)。
    4. Add and Edit をクリックします。
    5. ユーザーを指定します。

      1. Who セクションで、Specified Users and Groups のラジオボタンを選択します。
      2. User category the rule applies to のサブセクションで Add をクリックして、Add users into sudo rule "idm_user_reboot" ダイアログボックスを開きます。
      3. Add users into sudo rule "idm_user_reboot" ダイアログボックスにある Available 列で、idm_user チェックボックスを選択し、これを Prospective 列に移動します。
      4. Add をクリックします。
    6. ホストを指定します。

      1. Access this host セクションで、Specified Hosts and Groups ラジオボタンを確認します。
      2. Host category this rule applies to サブセクションで Add をクリックして、Add hosts into sudo rule "idm_user_reboot" ダイアログボックスを開きます。
      3. Add hosts into sudo rule "idm_user_reboot" ダイアログボックスにある Available 列で、idmclient.idm.example.com チェックボックスを選択し、これを Prospective 列に移動します。
      4. Add をクリックします。
    7. コマンドを指定します。

      1. Run Commands セクションの Command category the rule applies to サブセクションで、Specified Commands and Groups ラジオボタンにチェックを入れます。
      2. Sudo Allow Commands サブセクションで Add をクリックして、Add allow sudo commands into sudo rule "idm_user_reboot" ダイアログボックスを開きます。
      3. Add allow sudo commands into sudo rule "idm_user_reboot" ダイアログボックスにある Available 列で、/usr/sbin/reboot チェックボックスを選択し、これを Prospective 列に移動します。
      4. Add をクリックして、idm_sudo_reboot ページに戻ります。

      図52.2 IdM sudo ルールの追加

      追加した sudo ルールの概要のスクリーンショット。ルールの適用先のユーザーの表には Who セクションがあり、ルールの適用先のホストの表には、Access this host セクションがあります。また、ルールに関連するコマンドの表には Run Commands セクションがあります。
    8. 左上隅にある Save をクリックします。

新しいルールはデフォルトで有効になります。

注記

サーバーからクライアントへの変更の伝播には数分かかる場合があります。

検証手順

  1. idmclientidm_user としてログインします。
  2. sudo を使用してマシンを再起動します。プロンプトが表示されたら、idm_user のパスワードを入力します。

    $ sudo /usr/sbin/reboot
    [sudo] password for idm_user:

sudo ルールが正しく設定されている場合には、マシンが再起動します。