Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

60.3. Ansible を使用して IdM ユーザー、ホスト、およびサービスの SSL 証明書を復元する

ansible-freeipa ipacert モジュールを使用すると、Identity Management (IdM) ユーザー、ホスト、またはサービスが IdM への認証に以前に使用した、取り消された SSL 証明書を復元できます。

注記

復元できるのは、保留された証明書のみです。たとえば、秘密キーを紛失したかどうかがわからないなどの理由で、秘密キーを保留した可能性があります。ただし、キーを回復し、回復までの間に誰もそのキーにアクセスしていないと確信しているため、証明書を復元したいと考えています。

Ansible Playbook を使用して、IdM に登録されたサービスの証明書を保留から解放するには、この手順を完了します。この例では、HTTP サービスの証明書の保留を解除する方法について説明します。

前提条件

  • コントロールノードでは、

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • ansible-freeipa パッケージをインストールしている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成した。
    • ipaadmin_passwordSecret.yml Ansible Vault に保存している。
  • IdM デプロイメントに統合 CA がある。
  • たとえば、openssl x509 -noout -text -in path/to/certificate コマンドを入力するなどして、証明書のシリアル番号を取得している。この例では、証明書のシリアル番号は 123456789 です。

手順

  1. 次の内容を含む Ansible Playbook ファイル restore-certificate.yml を作成します。

    ---
    - name: Playbook to restore a certificate
      hosts: ipaserver
      vars_files:
      - /home/user_name/MyPlaybooks/secret.yml
    
      tasks:
      - name: Restore a certificate for a web service
        ipacert:
          ipaadmin_password: "{{ ipaadmin_password }}"
          serial_number: 123456789
          state: released
  2. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i <path_to_inventory_directory>/hosts <path_to_playbooks_directory>/restore-certificate.yml