Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

108.4. ホストエントリーの NIS から IdM への移行

NIS ホスト マップには、ホスト名や IP アドレスなどのホストに関する情報が含まれます。このデータを使用して、NIS ホストエントリーを Identity Management (IdM) に移行します。

注記

IdM でホストグループを作成すると、対応するシャドウの NIS グループが自動的に作成されます。これらのシャドウ NIS グループに ipa netgroup-* コマンドを使用しないでください。ipa netgroup-* コマンドは、netgroup-add コマンドで作成されたネイティブの netgroups の管理にだけ使用します。

前提条件

手順

  1. yp-tools パッケージをインストールします。

    [root@nis-server ~]# yum install yp-tools -y
  2. 以下の内容を含めて、NIS サーバーに /root/nis-hosts.sh スクリプトを作成します。

    #!/bin/sh
    # $1 is the NIS domain, $2 is the NIS master server
    ypcat -d $1 -h $2 hosts | egrep -v "localhost|127.0.0.1" > /dev/shm/nis-map.hosts 2>&1
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.hosts); do
    	IFS=' '
    	ipaddress=$(echo $line | awk '{print $1}')
    	hostname=$(echo $line | awk '{print $2}')
    	master=$(ipa env xmlrpc_uri | tr -d '[:space:]' | cut -f3 -d: | cut -f3 -d/)
    	domain=$(ipa env domain | tr -d '[:space:]' | cut -f2 -d:)
    	if [ $(echo $hostname | grep "\." |wc -l) -eq 0 ] ; then
    		hostname=$(echo $hostname.$domain)
    	fi
    	zone=$(echo $hostname | cut -f2- -d.)
    	if [ $(ipa dnszone-show $zone 2>/dev/null | wc -l) -eq 0 ] ; then
    		ipa dnszone-add --name-server=$master --admin-email=root.$master
    	fi
    	ptrzone=$(echo $ipaddress | awk -F. '{print $3 "." $2 "." $1 ".in-addr.arpa."}')
    	if [ $(ipa dnszone-show $ptrzone 2>/dev/null | wc -l) -eq 0 ] ; then
    		ipa dnszone-add  $ptrzone --name-server=$master --admin-email=root.$master
    	fi
    	# Now create this entry
    	ipa host-add $hostname --ip-address=$ipaddress
    	ipa host-show $hostname
    done
  3. IdM admin ユーザーとして認証します。

    [root@nis-server ~]# kinit admin
  4. スクリプトを実行します。以下に例を示します。

    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-hosts.sh nisdomain nis-server.example.com
    注記

    このスクリプトでは、エイリアスなどの特別なホスト設定は移行されません。

 :_content-type: PROCEDURE
// Module included in the following assemblies:
//
// assembly_migrating-from-nis-to-identity-management.adoc