Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第104章 Identity Management のセキュリティー設定

本セクションでは、Identity Management のセキュリティー関連機能を説明します。

104.1. Identity Management がデフォルトのセキュリティー設定を適用する方法

デフォルトでは、RHEL 8 の Identity Management (IdM) はシステム全体の暗号化ポリシーを使用します。このポリシーの利点は、個々の IdM コンポーネントを手動で強化する必要がないことです。

重要

Red Hat は、システム全体の暗号化ポリシーを使用することが推奨されます。個々のセキュリティー設定を変更すると、IdM のコンポーネントが破損する可能性があります。たとえば、RHEL 8 の Java は、TLS 1.3 プロトコルに完全に対応していません。したがって、このプロトコルを使用すると、IdM でエラーが発生する可能性があります。

関連情報

  • man ページの crypto-policies(7) を参照してください。