Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

33.2. ID ビューが SSSD パフォーマンスに対して与える可能性のある悪影響

ID ビューを定義すると、IdM は指定の上書き値を、IdM サーバーの System Security Services Daemon (SSSD) キャッシュに配置します。その後、IdM クライアントで実行している SSSD は、サーバーキャッシュから上書き値を取得します。

特定の最適化と ID ビューを同時に実行できないため、ID ビューを適用すると、SSSD (System Security Services Daemon) のパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。たとえば、ID ビューは、SSSD がサーバー上でグループを検索するプロセスの最適化を防ぎます。

  • ID ビューを使用すると、グループ名が上書きされた場合、SSSD は返されたグループメンバー名リストの各メンバーをチェックする必要があります。
  • ID ビューを使用しないと、SSSD はグループオブジェクトのメンバー属性からユーザー名だけを収集できます。

SSSD のキャッシュが空の場合や、キャッシュを消去した場合に、この負の影響が現れ、全エントリーが無効になります。