Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

113.5. IdM で外部アイデンティティープロバイダーを管理するための ipa idp-* コマンドのオプション

次の例は、さまざまな IdP テンプレートに基づいて外部 IdP への参照を設定する方法を示しています。次のオプションを使用して設定を指定します。

--provider
既知の ID プロバイダーのいずれかの定義済みテンプレート
--client-id
アプリケーション登録時に IdP によって発行された OAuth 2.0 クライアント識別子。アプリケーションの登録手順は IdP ごとに異なるため、詳細については各 IdP のドキュメントを参照してください。外部 IdP が Red Hat Single Sign-On (SSO) の場合は、OpenID Connect クライアントの作成 を参照してください。
--base-url
Keycloak と Okta で必要な IdP テンプレートのベース URL
organization
Microsoft Azure で必要な IdP からのドメインまたは組織 ID
--secret

(オプション) 機密 OAuth 2.0 クライアントからのシークレットを要求するように、外部 IdP を設定した場合は、このオプションを使用します。IdP 参照を作成するときにこのオプションを使用すると、シークレットを対話的に求めるプロンプトが表示されます。クライアントシークレットをパスワードとして保護します。

注記

RHEL 8.7 の SSSD は、クライアントシークレットを使用しない非機密 OAuth 2.0 クライアントのみをサポートします。機密クライアントからのクライアントシークレットを必要とする外部 IdP を使用する場合は、RHEL 8.8 以降で SSSD を使用する必要があります。