Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.8. IdM CLI を使用した automember ルールの既存のエントリーへの適用

Automember ルールは、ルールの追加後に作成されたユーザーおよびホストエントリーに自動的に適用されます。Automember ルールは、ルールの追加前に既存のエントリーに対して遡って適用されることはありません。

以前に追加したエントリーに automember ルールを適用するには、自動メンバーシップを手動で再構築する必要があります。自動メンバーシップを再構築すると、既存の automember ルールがすべて再評価され、すべてのユーザーまたはホストエントリーまたは特定のエントリーに適用されます。

注記

エントリーがグループの包含条件に一致しない場合でも、自動メンバーシップを再構築しても、グループからユーザーまたはホストエントリーは削除 されません。手動で削除するには、IdM CLI を使用してユーザーグループからメンバーを削除 または CLI で IdM ホストグループメンバーの削除 を参照してください。

前提条件

手順

  • 自動メンバーシップを再構築するには、ipa automember-rebuild コマンドを実行します。以下のオプションを指定して、ターゲットにエントリーを指定します。

    • 全ユーザーの自動メンバーシップを再構築するには、--type=group オプションを使用します。

      $ ipa automember-rebuild --type=group
      --------------------------------------------------------
      Automember rebuild task finished. Processed (9) entries.
      --------------------------------------------------------
    • 全ホストの自動メンバーシップを再構築するには、--type=hostgroup オプションを使用します。
    • 指定したユーザーの自動メンバーシップを再構築するには、--users=target_user オプションを使用します。

      $ ipa automember-rebuild --users=target_user1 --users=target_user2
      --------------------------------------------------------
      Automember rebuild task finished. Processed (2) entries.
      --------------------------------------------------------
    • 指定したホストの自動メンバーシップを再構築するには、--hosts=client.idm.example.com を使用します。