Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 Identity Management サービスの表示、開始、および停止

Identity Management (IdM) サーバーは、ドメインコントローラー (DC) として機能する Red Hat Enterprise Linux システムです。IdM サーバーでさまざまなサービスが実行していますが、中でも注目すべきは Directory Server、Certificate Authority (CA)、DNS、および Kerberos です。

2.1. IdM サービス

本セクションでは、IdM サーバーおよびクライアントにインストールして実行できるサービスについて説明します。

IdM サーバーがホストするサービスの一覧

以下のサービスの多くは、IdM サーバーへのインストールが必須というわけではありません。たとえば、認証局 (CA) や DNS サーバーなどのサービスは、IdM ドメイン内にない外部サーバーにインストールできます。

Kerberos
krb5kdc サービスおよび kadmin サービス

IdM は、シングルサインオンに対応する Kerberos プロトコルを使用します。Kerberos では、正しいユーザー名とパスワードを一度提示するだけで済み、システムから認証情報を再度求められることなく IdM サービスにアクセスできます。

Kerberos は 2 つの部分に分類されます。

  • krb5kdc サービス。Kerberos 認証サービスおよびキー配布センター (KDC) デーモンです。
  • kadmin サービス。Kerberos V5 データベース管理プログラムです。

IdM で Kerberos を使用して認証する方法は、コマンドラインからの Identity Management へのログインおよび Web UI で IdM にログイン: Kerberos チケットの使用 を参照してください。

LDAP ディレクトリーサーバー
dirsrv サービス

IdM の LDAP ディレクトリーサーバー インスタンスは、 Kerberos、ユーザーアカウント、ホストエントリー、サービス、ポリシー、DNS などの情報をはじめとした、IdM 情報をすべて保存します。LDAP ディレクトリーサーバーインスタンスは、Red Hat Directory Server と同じテクノロジーをベースにしています。ただし、IdM 固有のタスクに合わせて調整されます。

認証局
pki-tomcatd サービス

統合 認証局 (CA) は、Red Hat Certificate System と同じテクノロジーをベースにしています。pki は、Certificate System サービスにアクセスするコマンドラインインターフェイスです。

必要な証明書をすべて単独で作成して提供する場合は、統合 CA なしでサーバーをインストールすることもできます。

詳細は、Planning your CA services を参照してください。

DNS (Domain Name System)
named サービス

IdM は、動的サービス検出に DNS を使用します。IdM クライアントのインストールユーティリティーは、DNS からの情報を使用して、クライアントマシンを自動的に設定できます。クライアントを IdM ドメインに登録したら、クライアントは DNS を使用してドメイン内の IdM サーバーおよびサービスを検索します。Red Hat Enterprise Linux の DNS (Domain Name System) プロトコルの BIND (Berkeley Internet Name Domain) 実装には、名前付き の DNS サーバーが含まれています。named-pkcs11 は、PKCS#11 暗号化標準に対するネイティブサポートありで構築された BIND DNS サーバーのバージョンです。

詳細は、Planning your DNS services and host names を参照してください。

Apache HTTP サーバー
httpd サービス

Apache HTTP Web サーバー には、IdM Web UI があり、認証局とその他の IdM サービスの間の通信も管理します。

Samba / Winbind
SMB サービスおよび winbind サービス

Samba は、Red Hat Enterprise Linux に、Common Internet File System (CIFS) プロトコルとも呼ばれる Server Message Block (SMB) プロトコルを実装します。smb サービス経由で SMB プロトコルを使用すると、ファイル共有や共有プリンターなどのサーバーのリソースにアクセスできます。Active Directory (AD) 環境で信頼を設定している場合には、'Winbind' サービスが IdM サーバーと AD サーバー間の通信を管理します。

ワンタイムパスワード (OTP) 認証
ipa-otpd サービス

ワンタイムパスワード (OTP) は、2 要素認証の一部として、認証トークンがセッション 1 回だけ使用できるように生成するパスワードです。OTP 認証は、ipa-otpd サービスを介して Red Hat Enterprise Linux に実装されています。

詳細は ワンタイムパスワードを使用して Identity Management Web UI へのログイン を参照してください。

OpenDNSSEC
ipa-dnskeysyncd サービス

OpenDNSSEC は、DNSSEC (DNS Security Extensions) キーおよびゾーンの署名の記録プロセスを自動化する DNS マネージャーです。ipa-dnskeysyncd サービスは、IdM Directory Server と OpenDNSSEC との間の同期を管理します。

Identity Management サーバー: サービスの統合

IdM クライアントがホストするサービスの一覧

  • System Security Services Daemon: sssd サービス

SSSD (System Security Services Daemon) は、ユーザー認証およびキャッシュ認証情報を管理するクライアント側のアプリケーションです。キャッシュを使用すると、IdM サーバーが利用できなくなったり、クライアントがオフラインになったりした場合に、ローカルシステムが通常の認証操作を継続できるようになります。

詳細は SSSD とその利点について を参照してください。

  • certmonger: certmonger サービス

certmonger サービスは、クライアント上の証明書を監視、更新します。このサービスは、システム上のサービスに対して新しい証明書を要求できます。

詳細は、certmonger を使用したサービスの IdM 証明書の取得 を参照してください。

IdM サービス間の対話