Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

47.4. IdM サービスの認証インジケーターの有効化

Identity Management (IdM) がサポートする認証メカニズムは、認証強度によって異なります。たとえば、標準パスワードと組み合わせて、ワンタイムパスワード (OTP) を使用して、最初の Kerberos Ticket-Granting Ticket (TGT) を取得することは、標準パスワードのみを使用する認証よりも安全と見なされます。

認証インジケーターを特定の IdM サービスに関連付けることで、IdM 管理者として、これらの特定の事前認証メカニズムを使用して最初の Ticket-Granting Ticket (TGT) を取得したユーザーのみがサービスにアクセスできるようにサービスを設定できます。

この方法では、以下のように異なる IdM サービスを設定できます。

  • ワンタイムパスワード (OTP) などのより強力な認証方法を使用して最初の TGT を取得したユーザーのみが、VPN などのセキュリティーにとって重要なサービスにアクセスできます。
  • パスワードなど、より簡単な認証方法を使用して初期の TGT を取得したユーザーは、ローカルログインなどの重要でないサービスにのみアクセスできます。

図47.2 異なる技術を使用した認証の例

認証インジケーター

以下の手順では、IdM サービスを作成し、着信サービスチケット要求から特定の Kerberos 認証インジケーターを必要とするように設定する方法を説明します。

47.4.1. IdM サービスエントリーおよびその Kerberos キータブの作成

IdM ホストで実行しているサービスの IdM に IdM サービス エントリーを追加すると、対応する Kerberos プリンシパルが作成され、サービスが SSL 証明書、Kerberos キータブ、またはその両方を要求できるようになります。

以下の手順では、IdM サービスエントリーを作成して、関連の Kerberos キータブを生成し、対象のサービスとの通信を暗号化する方法を説明します。

前提条件

  • サービスが、Kerberos プリンシパル、SSL 証明書、またはその両方を保存できる。

手順

  1. ipa service-add コマンドで IdM サービスを追加して、これに関連付けられた Kerberos プリンシパルを作成します。たとえば、ホスト client.example.com で実行する testservice アプリケーションの IdM サービスエントリーを作成するには、次のコマンドを実行します。

    [root@client ~]# ipa service-add testservice/client.example.com
    -------------------------------------------------------------
    Modified service "testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM"
    -------------------------------------------------------------
      Principal name: testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM
      Principal alias: testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM
      Managed by: client.example.com
  2. クライアント上でサービスの Kerberos キータブを生成し、保存します。

    [root@client ~]# ipa-getkeytab -k /etc/testservice.keytab -p testservice/client.example.com
    Keytab successfully retrieved and stored in: /etc/testservice.keytab

検証手順

  1. ipa service-show コマンドを使用して、IdM サービスに関する情報を表示します。

    [root@server ~]# ipa service-show testservice/client.example.com
      Principal name: testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM
      Principal alias: testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM
      Keytab: True
      Managed by: client.example.com
  2. klist コマンドを使用して、サービスの Kerberos キータブの内容を表示します。

    [root@server etc]# klist -ekt /etc/testservice.keytab
    Keytab name: FILE:/etc/testservice.keytab
    KVNO Timestamp           Principal
    ---- ------------------- ------------------------------------------------------
       2 04/01/2020 17:52:55 testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM (aes256-cts-hmac-sha1-96)
       2 04/01/2020 17:52:55 testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM (aes128-cts-hmac-sha1-96)
       2 04/01/2020 17:52:55 testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM (camellia128-cts-cmac)
       2 04/01/2020 17:52:55 testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM (camellia256-cts-cmac)