Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

19.2. IdM のアクセス制御方法

Identity Management (IdM) では、アクセス制御方法が以下のカテゴリーに分類されます。

セルフサービスルール
ユーザーがユーザー自身の個人エントリーに対して実行できる操作を定義します。このアクセス制御タイプでは、ユーザーエントリー内の特定の属性に対してのみ書き込みパーミッションを許可します。ユーザーは、特定の属性の値を更新できますが、そのような属性を追加または削除することはできません。
委譲ルール
委譲ルールを使用すると、特定のユーザーグループが、別のユーザーグループ内のユーザーの特定の属性に対して書き込み (編集) 操作を実行できます。セルフサービスルールと同様、この形式のアクセス制御ルールは、特定の属性の値の編集に限られます。エントリー全体を追加または削除したり、指定されていない属性を制御したりする機能は付与されません。
ロールベースのアクセス制御

特別なアクセス制御グループを作成し、IdM ドメイン内のすべてのタイプのエンティティーに対して、より広範囲な権限を付与します。ロールには編集、追加、および削除の権限が付与されるので、選択された属性だけでなくエントリー全体に対する完全な制御が付与されます。

特定のロール (Enrollment AdministratorIT Security Specialist、および IT Specialist など) は、デフォルトで IdM ですでに使用できます。追加のロールを作成して、ホスト、自動マウント設定、netgroup、DNS 設定、IdM 設定などの任意のタイプのエントリーを管理できます。