Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.3. Web UI でワンタイムパスワードの有効化

IdM Web UI では、ワンタイムパスワードを生成するようにハードウェアまたはソフトウェアデバイスを設定できます。

ワンタイムパスワードは、ログインダイアログの専用フィールドで、通常のパスワードの直後に入力されます。

ユーザー設定で、OTP 認証を有効にできるのは管理者だけです。

前提条件

  • 管理者権限

手順

  1. ユーザー名およびパスワードを使用して IdM Web UI にログインします。
  2. Identity → Users → Active users タブを開きます。

    A screenshot of the IdM Web UI displaying the "Active Users" page which is a sub-page of the Users sub-menu from the Identity tab.

  3. ユーザー名をクリックして、ユーザー設定を開きます。
  4. User authentication types で、Two factor authentication (password + OTP) を選択します。
  5. Save をクリックします。

この時点で、OTP 認証は IdM サーバーで有効になります。

ユーザー (1 人または複数) が、新しいトークン ID を自身のユーザーアカウントに割り当てる必要があります。