Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.4. IdM CLI を使用した automember ルールへの条件追加

本セクションでは、IdM CLI を使用して automember ルールに条件を追加する方法を説明します。automember ルールの詳細は、automember ルール を参照してください。

前提条件

手順

  1. ipa automember-add-condition コマンドを使用して、包含または除外の条件を定義します。
  2. プロンプトが表示されたら、以下を指定します。

    • Automember rule。これはターゲットルール名です。詳細は、Automember ルール を参照してください。
    • Attribute Key.これは、フィルターの適用先となるエントリー属性を指定します。たとえば、ユーザーの uid です。
    • Grouping Type。これは、ルールがユーザーグループまたはホストグループを対象にするかどうかを指定します。ユーザーグループを対象に設定するには、group と入力します。ホストグループを対象に設定するには、hostgroup と入力します。
    • Inclusive regex および Exclusive regex。これらは、正規表現として条件を指定します。条件を 1 つだけ指定する場合は、他の条件の入力を求められたら Enter を押します。

    たとえば、以下の条件は、ユーザーログイン属性 (uid) に値 (.*) が指定されている全ユーザーを対象にしています。

    $ ipa automember-add-condition
    Automember Rule: user_group
    Attribute Key: uid
    Grouping Type: group
    [Inclusive Regex]: .*
    [Exclusive Regex]:
    ----------------------------------
    Added condition(s) to "user_group"
    ----------------------------------
      Automember Rule: user_group
      Inclusive Regex: uid=.*
    ----------------------------
    Number of conditions added 1
    ----------------------------

    別の例として、automembership ルールを使用して、Active Directory (AD) から同期した全 Windows ユーザーを対象にできます。これには、objectClass 属性で ntUser が指定された全ユーザーを対象にし、全 AD ユーザーに共有される条件を作成します。

    $ ipa automember-add-condition
    Automember Rule: ad_users
    Attribute Key: objectclass
    Grouping Type: group
    [Inclusive Regex]: ntUser
    [Exclusive Regex]:
    -------------------------------------
    Added condition(s) to "ad_users"
    -------------------------------------
      Automember Rule: ad_users
      Inclusive Regex: objectclass=ntUser
    ----------------------------
    Number of conditions added 1
    ----------------------------

検証手順