Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

34.2. デフォルト信頼ビューの変更による AD ユーザーのグローバル属性の定義

Active Directory (AD) ユーザーの POSIX 属性を IdM デプロイメント全体を通じてオーバーライドしたい場合は、デフォルト信頼ビューでそのユーザーのエントリーを変更します。この手順では、AD ユーザー ad_user@ad.example.com の GID を 732000006 に設定します。

前提条件

  • 信頼コントローラーまたは信頼エージェントである IdM サーバーで作業している。
  • IdM 管理者として認証されている。

手順

  1. IdM 管理者として、GID 番号を 732000006 に変更する AD ユーザーの ID オーバーライドをデフォルト信頼ビューに作成してください。

    # ipa idoverrideuser-add 'Default Trust View' ad_user@ad.example.com --gidnumber=732000006
  2. すべての IdM サーバーとクライアントの SSSD キャッシュから ad_user@ad.example.com ユーザーのエントリーをクリアします。これにより、古いデータが削除され、新しいオーバーライド値が適用されるようになります。

    # sssctl cache-expire -u ad_user@ad.example.com

検証

  • ad_user@ad.example.com ユーザーの情報を取得して、GID が更新された値を反映することを確認します。

    # id ad_user@ad.example.com
    uid=702801456(ad_user@ad.example.com) gid=732000006(ad_admins)
    groups=732000006(ad_admins),702800513(domain users@ad.example.com)