Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

35.2. 自動 ID 範囲の割り当て

IdM ID 範囲

デフォルトでは、IdM サーバーのインストール時に IdM ID 範囲が自動的に割り当てられます。Ipa-server-install コマンドは、使用可能な合計 1 万の範囲から、20 万個の ID を無作為に選択して割り当てます。このようにランダムな範囲を選択すると、今後別の 2 つの IdM ドメインを統合する場合に、ID の競合が発生する可能性を大幅に削減できます。

注記

この IdM の ID 範囲は、作成後は修正できません。DNA (Distributed Numeric Assignment) の ID 範囲を手動で調整できるのは、DNA ID 範囲の手動割り当て で説明されているコマンドを使用する場合だけです。インストール時に、IdM ID 範囲に一致する DNA 範囲が自動的に作成されます。

DNA ID 範囲

IdM サーバー 1 台をインストールしている場合は、このサーバーが DNA ID 範囲全体を制御します。新規レプリカをインストールし、レプリカが独自の DNA ID 範囲を要求すると、サーバーの初期 ID 範囲が分割され、サーバーとレプリカの間で分散されます。レプリカは、初期サーバーで使用可能な DNA ID 範囲の残りの半分を受け取ります。次に、サーバーとレプリカは、新規ユーザーまたはグループのエントリーに元の ID 範囲に対応する部分を使用します。また、レプリカが割り当てられた ID 範囲を使い果たしそうになり、ID が 100 未満しか残っていない場合には、レプリカは他の使用可能なサーバーに接続して、新しい DNA ID 範囲を要求します。

重要

レプリカをインストールしても、即座に ID 範囲を受け取ることはありません。レプリカは、DNA プラグインの初回使用時 (ユーザーの初回追加時など) に ID 範囲を受け取ります。

レプリカが DNA ID 範囲を要求する前に最初のサーバーが機能しなくなると、レプリカはサーバーに問い合わせて ID 範囲を要求することができません。レプリカに新しいユーザーを追加しようとすると失敗します。このような場合は、無効になったサーバーに割り当てられている ID 範囲を確認 し、ID 範囲を手動でレプリカに割り当てる ことができます。