Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

103.2. Healthcheck を使用した設定ファイルのスクリーニング

Healthcheck ツールを使用して Identity Management (IdM) サーバーの設定ファイルのスタンドアロン手動テストを実行するには、次の手順に従います。

Healthcheck ツールには多くのテストが含まれています。結果を絞り込むには、以下を行います。

  • 成功したテストをすべて除外する - --failures-only
  • 所有者テストとパーミッションテストのみを含める - --source=ipahealthcheck.ipa.files

手順

  1. IdM 設定ファイルの所有権とパーミッションについて Healthcheck テストを実行し、警告、エラー、重大な問題のみを表示するには、次のように入力します。

    # ipa-healthcheck --source=ipahealthcheck.ipa.files --failures-only

テストに成功すると、空の括弧が表示されます。

# ipa-healthcheck --source=ipahealthcheck.ipa.files --failures-only
[]

テストに失敗すると、以下の WARNING のような結果が表示されます。

{
  "source": "ipahealthcheck.ipa.files",
  "check": "IPAFileNSSDBCheck",
  "result": "WARNING",
  "kw": {
    "key": "_etc_dirsrv_slapd-EXAMPLE-TEST_pkcs11.txt_mode",
    "path": "/etc/dirsrv/slapd-EXAMPLE-TEST/pkcs11.txt",
    "type": "mode",
    "expected": "0640",
    "got": "0666",
    "msg": "Permissions of /etc/dirsrv/slapd-EXAMPLE-TEST/pkcs11.txt are 0666 and should be 0640"
  }
}

関連情報

  • man ipa-healthcheck を参照してください。