Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

116.2. IdM の NIS

IdM の NIS オブジェクト

NIS オブジェクトは、RFC 2307 に準拠し、Directory Server バックエンドに統合され、保存されます。IdM は、LDAP ディレクトリーに NIS オブジェクトを作成し、クライアントは、たとえば System Security Services Daemon (SSSD) または暗号化された LDAP 接続を使用する nss_ldap を通じてそのオブジェクトを取得します。

IdM は、ネットグループ、アカウント、グループ、ホスト、およびその他のデータを管理します。IdM は NIS リスナーを使用してパスワード、グループ、およびネットグループを IdM エントリーにマッピングします。

IdM の NIS プラグイン

NIS サポートの場合、IdM は slapi-nis パッケージで提供される以下のプラグインを使用します。

NIS サーバープラグイン
NIS サーバープラグインにより、IdM 統合 LDAP サーバーがクライアントの NIS サーバーとして機能できるようになります。このロールでは、Directory Server は設定に応じて NIS マップを動的に生成し、更新します。プラグインを使用すると、IdM は NIS プロトコルを使用するクライアントに対して NIS サーバーとして機能します。
スキーマ互換性プラグイン

スキーマ互換性プラグインを使用すると、Directory Server バックエンドは、ディレクトリー情報ツリー (DIT) の一部に保存されたエントリーの代替ビューを提供できるようになります。これには、属性値の追加、ドロップ、名前変更、およびオプションでツリー内の複数のエントリーからの属性値の取得が含まれます。

詳細は、/usr/share/doc/slapi-nis-version/sch-getting-started.txt ファイルを参照してください。