Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第71章 certmonger を使用したサービスの IdM 証明書の取得

71.1. Certmonger の概要

Identity Management (IdM) が統合 IdM 認証局 (CA) とともにインストールされていると、certmonger サービスを使用してシステムおよびサービス証明書を追跡し、更新します。証明書の期限が切れると、certmonger は次の方法で更新プロセスを管理します。

  • 元の要求で提供されたオプションを使用して、証明書署名要求 (CSR) を再生成する。
  • IdM API の cert-request コマンドを使用して、CSR を IdM CA に送信する。
  • IdM CA から証明書を受け取る。
  • 元の要求で指定されている場合は、事前保存コマンドを実行する。
  • 更新要求で指定された場所 (NSS データベースまたはファイル内) に新しい証明書をインストールする。
  • 元の要求で指定されている場合は、post-save コマンドを実行する。たとえば、post-save コマンドは、関連するサービスを再起動するように certmonger に指示し、サービスが新しい証明書が取得できるようにします。

certmonger が追跡する証明書の種類

証明書は、システム証明書とサービス証明書に分けることができます。

さまざまなサーバーのさまざまなキーペアと発行名を持つサービス証明書 (HTTPLDAPPKINIT など) とは異なり、IdM システム証明書とその鍵はすべての CA レプリカで共有されます。IdM システム証明書には、以下が含まれます。

  • IdM CA 認証
  • OCSP 署名証明書
  • IdM CA サブシステム 証明書
  • IdM CA 監査署名 証明書
  • IdM 更新エージェント (RA) 証明書
  • KRA トランスポート証明書およびストレージ証明書

certmonger サービスは、統合 CA を使用した IdM 環境のインストール時に要求された IdM システム証明書およびサービス証明書を追跡します。certmonger は、IdM ホストで実行しているその他のサービスに対して、システム管理者が手動で要求した証明書を追跡します。Certmonger では、外部 CA 証明書またはユーザー証明書は追跡されません。

Certmonger のコンポーネント

certmonger サービスは、2 つの主要コンポーネントで設定されています。

  • certmonger デーモン - 証明書の一覧を追跡し、更新コマンドを実行するエンジンです。
  • コマンドラインインターフェイス (CLI) の getcert ユーティリティー。これにより、システム管理者は certmonger デーモンにアクティブにコマンドを送信できます。

具体的には、システム管理者は、getcert ユーティリティーを使用して以下のことができます。