Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.2. IPA のヘルプとは

IPA ヘルプは、IdM サーバー用の組み込みドキュメントシステムです。

IPA コマンドラインインターフェイス (CLI) は、読み込んだ IdM プラグインモジュールから、利用可能なヘルプトピックを生成します。IPA ヘルプユーティリティーを使用するには、以下が必要です。

  • IdM サーバーがインストールされ、実行している。
  • 有効な Kerberos チケットで認証されている。

オプションを指定せずに ipa help コマンドを実行すると、基本的なヘルプの使用方法と、最も一般的なコマンドの例が表示されます。

さまざまな ipa help のユースケースに対して、次のオプションを使用できます。

$ ipa help [TOPIC | COMMAND | topics | commands]
  • [] - 括弧は、すべてのパラメーターが任意であることを示しており、ipa help のみを入力すれば、コマンドが実行できます。
  • |  - パイプ文字は または の意味になります。したがって、基本的な ipa help コマンドを使用して、TOPICCOMMANDtopics または commands を指定できます。

    • topics — コマンド ipa help topics を実行して、IPA ヘルプでカバーされている usercertserver などのトピックのリストを表示できます。
    • TOPIC — 大文字の TOPIC は変数になります。したがって、特定のトピック (ipa help user など) を指定できます。
    • commands — コマンド ipa help commands を入力して、user-addca-enableserver-show などの IPA ヘルプでカバーされているコマンドのリストを表示できます。
    • COMMAND — 大文字の COMMAND は変数になります。したがって、ipa help user-add などの特定のコマンドを指定できます。