Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

64.6. IdM CLI でユーザーエントリーへの証明書の追加

IdM CLI のユーザーエントリーに外部証明書を追加するには、以下の手順に従います。

注記

証明書全体をアップロードする代わりに、IdM のユーザーエントリーに証明書マッピングデータをアップロードすることもできます。システム管理者向けのスマートカード認証の設定を容易にするために、完全な証明書または証明書マッピングデータのいずれかが含まれるユーザーエントリーを、対応する証明書マッピングルールと併用できます。詳細は、認証を設定するための証明書マッピングルール を参照してください。

注記

ユーザーの証明書が IdM 認証局によって発行された場合、証明書はユーザーエントリーにすでに保存されているため、この手順に従う必要はありません。

前提条件

  • ユーザーエントリーに追加できる証明書がある。

手順

  1. 別のユーザーに証明書を追加する場合は、管理者として IdM Web CLI にログインします。

    [user@client SmartCard]$ kinit admin

    独自のプロファイルに証明書を追加する場合は、管理者の認証情報は必要ありません。

    [user@client SmartCard]$ kinit sc_user
  2. ヘッダーとフッターのある証明書を含む環境変数を作成し、1 行に連結します。これは、ipa user-add-cert コマンドで必要な形式です。

    [user@client SmartCard]$ export CERT=`openssl x509 -outform der -in testuser.crt | base64 -w0 -`

    testuser.crt ファイルの証明書は、PEM 形式である必要があることに注意してください。

  3. ipa user-add-cert コマンドを使用して、sc_user のプロファイルに証明書を追加します。

    [user@client SmartCard]$ ipa user-add-cert sc_user --certificate=$CERT

sc_user エントリーに外部証明書が含まれるようになりました。