Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.3. CLI を使用したセルフサービスルールの編集

この手順では、コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して IdM のセルフサービスアクセスルールを編集する方法を説明します。

前提条件

  • IdM、または ユーザー管理者 ロールを管理する管理者権限
  • 有効な Kerberos チケット。詳細は、Using kinit to log in to IdM manually を参照してください。

手順

  1. オプション: ipa selfservice-find コマンドを使用して、既存のセルフサービスルールを表示します。
  2. オプション: ipa selfservice-show コマンドを使用して、変更するセルフサービスルールの詳細を表示します。
  3. ipa selfservice-mod コマンドを使用してセルフサービスルールを編集します。

以下に例を示します。

$ ipa selfservice-mod "Users can manage their own name details" --attrs=givenname --attrs=displayname --attrs=title --attrs=initials --attrs=surname
--------------------------------------------------------------
Modified selfservice "Users can manage their own name details"
--------------------------------------------------------------
Self-service name: Users can manage their own name details
Permissions: write
Attributes: givenname, displayname, title, initials
重要

ipa selfservice-mod コマンドを使用すると、以前に定義されたパーミッションと属性が上書きされるため、定義する必要のある新しいパーミッションおよび属性と共に、既存のパーミッションおよび属性の完全なリストも常に含めるようにしてください。

検証手順

  • ipa selfservice-show コマンドを使用して、編集したセルフサービスルールを表示します。
$ ipa selfservice-show "Users can manage their own name details"
--------------------------------------------------------------
Self-service name: Users can manage their own name details
Permissions: write
Attributes: givenname, displayname, title, initials