Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第99章 IdM Healthcheck でディスク領域の確認

本セクションでは、Healthcheck ツールを使用して Identity Management サーバーの空きディスク容量を監視する方法を説明します。

詳細は IdM のヘルスチェック を参照してください。

前提条件

  • Healthcheck ツールは、RHEL 8.1 以降でのみ利用できます。

99.1. ディスク領域のヘルスチェックのテスト

Healthcheck ツールには、利用可能なディスク領域を確認するテストが含まれます。空きディスク容量が十分にないと、以下で問題が発生する可能性があります。

  • ロギング
  • 実行
  • バックアップ

テストでは、以下のパスを確認します。

表99.1 テスト済みのパス

テストで確認されるパス最小ディスク領域 (MB)

/var/lib/dirsrv/

1024

/var/lib/ipa/backup/

512

/var/log/

1024

var/log/audit/

512

/var/tmp/

512

/tmp/

512

テストの一覧を表示するには、--list-sources オプションを指定して、ipa-healthcheck を実行します。

# ipa-healthcheck --list-sources

ファイルシステム容量の確認テストは、ipahealthcheck.system.filesystemspace ソースの下にあります。

FileSystemSpaceCheck

このテストでは、次の方法で使用可能なディスク容量を確認します。

  • 最低限必要な生の空きバイト。
  • パーセント - 空きディスクの最小容量は 20% にハードコーディングされています。