Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第39章 ldapmodify を使用した IdM ユーザーの外部管理

IdM 管理者は、ipa コマンドを使用してディレクトリーの内容を管理できます。または、ldapmodify コマンドを使用して同様に管理することもできます。このコマンドを対話的に使用して、すべてのデータをコマンドラインで直接指定できます。ファイル内のデータを LDAP データ交換形式 (LDIF) で ldapmodify コマンドに提供することもできます。

39.1. IdM ユーザーアカウントを外部で管理するためのテンプレート

本セクションでは、IdM でのさまざまなユーザー管理操作のテンプレートについて説明します。これらのテンプレートでは、以下の目的を達成するために ldapmodify を使用して変更する必要のある属性がどれであるかが分かります。

  • 新規ステージユーザーの追加
  • ユーザーの属性変更
  • ユーザーの有効化
  • ユーザーの無効化
  • ユーザーの保存

テンプレートは LDAP データ交換形式 (LDIF) でフォーマットされます。LDIF は、LDAP ディレクトリーのコンテンツおよび更新リクエストを表す標準的なプレーンテキストデータ交換形式です。

テンプレートを使用し、プロビジョニングシステムの LDAP プロバイダーを設定して、IdM ユーザーアカウントを管理できます。

詳細な手順例は、以下のセクションを参照してください。

新規ステージユーザーを追加するためのテンプレート

  • UID および GID が自動的に割り当てられた ユーザーを追加するためのテンプレート。作成したエントリーの識別名 (DN) は uid=user_login で開始する必要があります。

    dn: uid=user_login,cn=staged users,cn=accounts,cn=provisioning,dc=idm,dc=example,dc=com
    changetype: add
    objectClass: top
    objectClass: inetorgperson
    uid: user_login
    sn: surname
    givenName: first_name
    cn: full_name
  • UID と GID が静的に割り当てられている ユーザーを追加するためのテンプレート

    dn: uid=user_login,cn=staged users,cn=accounts,cn=provisioning,dc=idm,dc=example,dc=com
    changetype: add
    objectClass: top
    objectClass: person
    objectClass: inetorgperson
    objectClass: organizationalperson
    objectClass: posixaccount
    uid: user_login
    uidNumber: UID_number
    gidNumber: GID_number
    sn: surname
    givenName: first_name
    cn: full_name
    homeDirectory: /home/user_login

    ステージユーザーの追加時に IdM オブジェクトクラスを指定する必要はありません。IdM は、ユーザーのアクティベート後にこれらのクラスを自動的に追加します。

既存ユーザーを変更するためのテンプレート

  • ユーザーの属性の変更:

    dn: distinguished_name
    changetype: modify
    replace: attribute_to_modify
    attribute_to_modify: new_value
  • ユーザーの無効化:

    dn: distinguished_name
    changetype: modify
    replace: nsAccountLock
    nsAccountLock: TRUE
  • ユーザーの有効化

    dn: distinguished_name
    changetype: modify
    replace: nsAccountLock
    nsAccountLock: FALSE

    nssAccountLock 属性を更新してもステージユーザーおよび保存済みユーザーには影響はありません。更新操作が正常に完了しても、属性値は nssAccountLock: TRUE のままになります。

  • ユーザーの保持

    dn: distinguished_name
    changetype: modrdn
    newrdn: uid=user_login
    deleteoldrdn: 0
    newsuperior: cn=deleted users,cn=accounts,cn=provisioning,dc=idm,dc=example,dc=com
注記

ユーザーの変更前に、ユーザーのログインを検索してユーザーの識別名 (DN) を取得します。以下の例では、user_allowed_to_modify_user_entries ユーザーは、activator または IdM 管理者など、ユーザーおよびグループの情報の変更を許可されたユーザーです。以下の例のパスワードは、このユーザーのパスワードです。

[...]
# ldapsearch -LLL -x -D "uid=user_allowed_to_modify_user_entries,cn=users,cn=accounts,dc=idm,dc=example,dc=com" -w "Secret123" -H ldap://r8server.idm.example.com -b "cn=users,cn=accounts,dc=idm,dc=example,dc=com" uid=test_user
dn: uid=test_user,cn=users,cn=accounts,dc=idm,dc=example,dc=com
memberOf: cn=ipausers,cn=groups,cn=accounts,dc=idm,dc=example,dc=com