Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第73章 証明書のサブセットだけに信頼するアプリケーションを制限する手順

Identity Management (IdM) インストールが統合証明書システム (CS) 認証局 (CA) で設定されている場合は、軽量のサブ CA を作成できます。サブ CA はすべて、証明書システムのプライマリー CA である ipa CA の配下に作成されます。

このコンテキストでの 軽量サブ CA は、証明書を特定の目的で発行するサブ CA になります。たとえば、軽量のサブ CA では、仮想プライベートネットワーク (VPN) ゲートウェイや Web ブラウザーなどのサービスを設定して、 sub-CA A が発行する証明書のみを受け入れることができます。sub-CA B が発行する証明書だけを受け入れるように他のサービスを設定すると、sub-CA A、プライマリー CA、ipa CA、およびこの 2 つの間にある中間サブ CA が発行する証明書を受け付けないようにすることができます。

クライアントが正しく設定されている場合に、サブ CA の中間証明書を取り消すと、このサブ CA で発行されたすべての証明書 は自動的に無効とみなされます。ルート CA (ipa)、または別のサブ CA が直接発行するその他の証明書はすべて有効のままになります。

本セクションでは、Apache Web サーバーの例を使用して、アプリケーションが証明書のサブセットだけを信頼するように制限する方法を説明します。本セクションでは、IdM クライアントで実行している Web サーバーを、IdM サブ CA webserver-ca が発行する証明書を使用するように制限して、ユーザーに IdM サブ CA webclient-ca が発行するユーザー証明書を使用して、Web サーバーへの認証を行うようにするには、以下のセクションを実行します。

実行する必要がある手順は以下の通りです。

73.1. 軽量サブ CA の管理

本セクションでは、軽量の従属認証局 (サブ CA) を管理する方法を説明します。作成するすべてのサブ CA は、証明書システムのプライマリー CA である ipa CA に従属します。サブ CA を無効にしたり、削除したりすることもできます。

注記
  • サブ CA を削除すると、そのサブ CA の失効確認は機能しなくなります。notAfter の有効期限が近づいていて、そのサブ CA が発行した証明書がなくなった場合に限り、サブ CA を削除してください。
  • サブ CA が発行した期限切れではない証明書がまだ存在する場合に限り、サブ CA を無効にしてください。サブ CA により発行された証明書がすべて期限切れになると、そのサブ CA を削除できます。
  • IdM CA を無効にしたり、削除したりすることはできません。

サブ CA の管理の詳細は、次を参照してください。

73.1.1. IdM WebUI からのサブ CA の作成

この手順では、IdM WebUI を使用して、webserver-ca および webclient-ca という名前の新しいサブ CA を作成する方法を説明します。

前提条件

  • 管理者の認証情報を取得していることを確認している。

手順

  1. Authentication メニューで、Certificates をクリックします。
  2. Certificate Authorities を選択し、Add をクリックします。
  3. webserver-ca サブ CA の名前を入力します。サブジェクト DN フィールドにサブジェクト DN (例: CN=WEBSERVER,O=IDM.EXAMPLE.COM) を入力します。サブジェクト DN は、IdM CA インフラストラクチャー内で一意である必要があります。
  4. webclient-ca サブ CA の名前を入力します。サブジェクト DN CN=WEBCLIENT,O=IDM.EXAMPLE.COM をサブジェクト DN フィールドに入力します。
  5. コマンドラインインターフェイスで、ipa-certupdate コマンドを実行して、webserver-ca サブ CA 証明書および webclient-ca サブ CA 証明書の certmonger 追跡リクエストを作成します。

    [root@ipaserver ~]# ipa-certupdate
    重要

    サブ CA の作成後に ipa-certupdate コマンドを実行しておかないと、サブ CA 証明書の有効期限が切れたときに、エンドエンティティー証明書の有効期限が切れていなくても、サブ CA が発行したエンドエンティティー証明書は無効と見なされます。

検証

  • 新しいサブ CA の署名証明書が IdM データベースに追加されたことを確認します。

    [root@ipaserver ~]# certutil -d /etc/pki/pki-tomcat/alias/ -L
    
    Certificate Nickname                      Trust Attributes
                                              SSL,S/MIME,JAR/XPI
    
    caSigningCert cert-pki-ca                 CTu,Cu,Cu
    Server-Cert cert-pki-ca                   u,u,u
    auditSigningCert cert-pki-ca              u,u,Pu
    caSigningCert cert-pki-ca ba83f324-5e50-4114-b109-acca05d6f1dc u,u,u
    ocspSigningCert cert-pki-ca               u,u,u
    subsystemCert cert-pki-ca                 u,u,u
    注記

    新しいサブ CA 証明書は、証明書システムインスタンスがインストールされているすべてのレプリカに自動的に転送されます。

73.1.2. IdM WebUI からのサブ CA の削除

この手順では、IdM WebUI で軽量のサブ CA を削除する方法を説明します。

注記
  • サブ CA を削除すると、そのサブ CA の失効確認は機能しなくなります。notAfter の有効期限が近づいていて、そのサブ CA が発行した証明書がなくなった場合に限り、サブ CA を削除してください。
  • サブ CA が発行した期限切れではない証明書がまだ存在する場合に限り、サブ CA を無効にしてください。サブ CA により発行された証明書がすべて期限切れになると、そのサブ CA を削除できます。
  • IdM CA を無効にしたり、削除したりすることはできません。

前提条件

手順

  1. IdM WebUI で、Authentication タブを開き、Certificates サブタブを選択します。
  2. Certificate Authorities を選択します。
  3. 削除するサブ CA を選択し、Delete をクリックします。

    図73.1 IdM Web UI でのサブ CA の削除

    認証局とその下位の認証局を追加および削除できる "Certificate Authorities" 画面のスクリーンショット。
  4. Delete をクリックして、確定します。

サブ CA が Certificate Authorities の一覧から削除されます。

73.1.3. IdM CLI からのサブ CA の作成

この手順では、IdM の CLI を使用して、webserver-ca および webclient-ca という名前の新しいサブ CA を作成する方法を説明します。

前提条件

  • 管理者の認証情報を取得していることを確認している。
  • CA サーバーである IdM サーバーにログインしている。

手順

  1. ipa ca-add コマンドを入力し、サブ CA webserver-ca の名前とそのサブジェクト識別名 (DN) を指定します。

    [root@ipaserver ~]# ipa ca-add webserver-ca --subject="CN=WEBSERVER,O=IDM.EXAMPLE.COM"
    -------------------
    Created CA "webserver-ca"
    -------------------
      Name: webserver-ca
      Authority ID: ba83f324-5e50-4114-b109-acca05d6f1dc
      Subject DN: CN=WEBSERVER,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IDM.EXAMPLE.COM
    Name
    CA の名前
    認証局 ID
    CA 用に自動作成される個別 ID。
    発行先 DN
    サブジェクト識別名 (DN)サブジェクト DN は、IdM CA インフラストラクチャー内で一意である必要があります。
    発行者 DN
    サブ CA 証明書を発行した親 CA。サブ CA はすべて、IdM のルート CA の子として作成されます。
  2. Web クライアントに証明書を発行するサブ CA webclient-ca を作成します。

    [root@ipaserver ~]# ipa ca-add webclient-ca --subject="CN=WEBCLIENT,O=IDM.EXAMPLE.COM"
    -------------------
    Created CA "webclient-ca"
    -------------------
      Name: webclient-ca
      Authority ID: 8a479f3a-0454-4a4d-8ade-fd3b5a54ab2e
      Subject DN: CN=WEBCLIENT,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IDM.EXAMPLE.COM
  3. ipa-certupdate コマンドを実行して、webserver-ca および webclient-ca のサブ CA 証明書の certmonger 追跡リクエストを作成します。

    [root@ipaserver ~]# ipa-certupdate
    重要

    サブ CA の作成後に ipa-certupdate コマンドを実行し忘れ、サブ CA 証明書が期限切れになった場合、そのサブ CA が発行したエンドエンティティー証明書は、エンドエンティティー証明書の有効期限が切れていなくても無効と見なされます。

検証手順

  • 新しいサブ CA の署名証明書が IdM データベースに追加されたことを確認します。

    [root@ipaserver ~]# certutil -d /etc/pki/pki-tomcat/alias/ -L
    
    Certificate Nickname                      Trust Attributes
                                              SSL,S/MIME,JAR/XPI
    
    caSigningCert cert-pki-ca                 CTu,Cu,Cu
    Server-Cert cert-pki-ca                   u,u,u
    auditSigningCert cert-pki-ca              u,u,Pu
    caSigningCert cert-pki-ca ba83f324-5e50-4114-b109-acca05d6f1dc u,u,u
    ocspSigningCert cert-pki-ca               u,u,u
    subsystemCert cert-pki-ca                 u,u,u
    注記

    新しいサブ CA 証明書は、証明書システムインスタンスがインストールされているすべてのレプリカに自動的に転送されます。

73.1.4. IdM CLI からのサブ CA の無効化

この手順では、IdM CLI からサブ CA を無効にする方法を説明します。サブ CA が発行した期限切れでない証明書が依然として存在する場合は、証明書を削除しないでください。ただし、無効にすることはできます。サブ CA を削除すると、そのサブ CA に対する取消しの確認が機能しなくなります。

前提条件

  • 管理者の認証情報を取得していることを確認している。

手順

  1. ipa ca-find コマンドを実行して、削除するサブ CA の名前を確認します。

    [root@ipaserver ~]# ipa ca-find
    -------------
    3 CAs matched
    -------------
      Name: ipa
      Description: IPA CA
      Authority ID: 5195deaf-3b61-4aab-b608-317aff38497c
      Subject DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    
      Name: webclient-ca
      Authority ID: 605a472c-9c6e-425e-b959-f1955209b092
      Subject DN: CN=WEBCLIENT,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    
     Name: webserver-ca
      Authority ID: 02d537f9-c178-4433-98ea-53aa92126fc3
      Subject DN: CN=WEBSERVER,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    ----------------------------
    Number of entries returned 3
    ----------------------------
  2. ipa ca-disable コマンドを実行して、サブ CA (この例では webserver-ca) を無効にします。

    ipa ca-disable webserver-ca
    --------------------------
    Disabled CA "webserver-ca"
    --------------------------

73.1.5. IdM CLI からのサブ CA の削除

この手順では、IdM CLI から軽量のサブ CA を削除する方法を説明します。

注記
  • サブ CA を削除すると、そのサブ CA の失効確認は機能しなくなります。notAfter の有効期限が近づいていて、そのサブ CA が発行した証明書がなくなった場合に限り、サブ CA を削除してください。
  • サブ CA が発行した期限切れではない証明書がまだ存在する場合に限り、サブ CA を無効にしてください。サブ CA により発行された証明書がすべて期限切れになると、そのサブ CA を削除できます。
  • IdM CA を無効にしたり、削除したりすることはできません。

前提条件

  • 管理者の認証情報を取得していることを確認している。

手順

  1. サブ CA および CA の一覧を表示するには、ipa ca-find コマンドを実行します。

    # ipa ca-find
    -------------
    3 CAs matched
    -------------
      Name: ipa
      Description: IPA CA
      Authority ID: 5195deaf-3b61-4aab-b608-317aff38497c
      Subject DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    
      Name: webclient-ca
      Authority ID: 605a472c-9c6e-425e-b959-f1955209b092
      Subject DN: CN=WEBCLIENT,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    
     Name: webserver-ca
      Authority ID: 02d537f9-c178-4433-98ea-53aa92126fc3
      Subject DN: CN=WEBSERVER,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    ----------------------------
    Number of entries returned 3
    ----------------------------
  2. ipa ca-disable コマンドを実行して、サブ CA (この例では webserver-ca) を無効にします。

    # ipa ca-disable webserver-ca
    --------------------------
    Disabled CA "webserver-ca"
    --------------------------
  3. サブ CA (この例では webserver-ca) を削除します。

    # ipa ca-del webserver-ca
    -------------------------
    Deleted CA "webserver-ca"
    -------------------------

検証

  • ipa ca-find を実行して、CA およびサブ CA の一覧を表示します。webserver-ca が一覧に表示されなくなりました。

    # ipa ca-find
    -------------
    2 CAs matched
    -------------
      Name: ipa
      Description: IPA CA
      Authority ID: 5195deaf-3b61-4aab-b608-317aff38497c
      Subject DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    
      Name: webclient-ca
      Authority ID: 605a472c-9c6e-425e-b959-f1955209b092
      Subject DN: CN=WEBCLIENT,O=IDM.EXAMPLE.COM
      Issuer DN: CN=Certificate Authority,O=IPA.TEST
    ----------------------------
    Number of entries returned 2
    ----------------------------