Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第7章 ワンタイムパスワードを使用した Identity Management Web UI へのログイン

IdM Web UI へのアクセスは、いくつかの方法を使用して保護できます。基本的なものはパスワード認証です。

パスワード認証のセキュリティーを向上させるために、2 つ目の手順を追加して、自動生成ワンタイムパスワード (OTP) を要求できます。最も一般的な使用方法は、ユーザーアカウントに関連付けられたパスワードと、ハードウェアまたはソフトウェアのトークンにより生成された期限付きワンタイムパスワードを組み合わせることです。

以下のセクションでは、次のことができます。

  • IdM で OTP 認証がどう機能するかを理解する。
  • IdM サーバーで OTP 認証を設定する。
  • OTP トークンを作成し、そのトークンを、電話の FreeOTP アプリと同期する。
  • ユーザーパスワードとワンタイムパスワードの組み合わせて、IdM Web UI に対して認証する。
  • Web UI でトークンを再同期する。

7.1. 前提条件