Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

18.3. Ansible を使用した、IdM ユーザーグループの automember ルールに指定した条件が存在することの確認

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して、Identity Management (IdM) グループの automember ルールに、指定した条件が存在することを確認する方法について説明しますこの例では、testing_group グループに対して、automember ルールに UID 関連の条件が存在することが保証されます。.* 条件を指定することで、今後使用する IdM ユーザーがすべて自動的に testing_group のメンバーになるようにします。

前提条件

  • IdM admin のパスワードを把握している。
  • testing_group ユーザーグループおよび automember ユーザーグループルールが IdM に存在します。
  • 以下の要件を満たす Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.8 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、このオプションを設定する IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) で Ansible インベントリーファイル を作成している。

手順

  1. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/automember/ ディレクトリーにある automember-hostgroup-rule-present.yml Ansible Playbook ファイルをコピーして、名前を付けます (automember-usergroup-rule-present.yml など)。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/automember/automember-hostgroup-rule-present.yml automember-usergroup-rule-present.yml
  3. automember-usergroup-rule-present.yml を開いて編集します。
  4. 次のパラメーターを変更して、ファイルを調整します。

    • ユースケースに対応するように Playbook の名前を変更します (例: Automember user group rule member present)。
    • ユースケースに合わせて、タスクの名前を変更します (例: Ensure an automember condition for a user group is present)。
    • ipaautomember タスクセクションで、以下の変数を設定します。

      • ipaadmin_password 変数は IdM admin のパスワードに設定します。
      • name 変数を testing_group に設定します。
      • automember_type 変数を group に設定します。
      • state 変数は present に設定されていることを確認します。
      • action 変数が member に設定されていることを確認します。
      • inclusive key 変数を UID に設定します。
      • inclusive expression 変数を .* に設定します。

    以下は、今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイルです。

    ---
    - name: Automember user group rule member present
      hosts: ipaserver
      become: true
      tasks:
      - name: Ensure an automember condition for a user group is present
        ipaautomember:
          ipaadmin_password: Secret123
          name: testing_group
          automember_type: group
          state: present
          action: member
          inclusive:
            - key: UID
              expression: .*
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory automember-usergroup-rule-present.yml

検証手順

  1. IdM 管理者としてログインします。

    $ kinit admin
  2. ユーザーを追加します。以下に例を示します。

    $ ipa user-add user101 --first user --last 101
    -----------------------
    Added user "user101"
    -----------------------
      User login: user101
      First name: user
      Last name: 101
      ...
      Member of groups: ipausers, testing_group
      ...

関連情報