Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

35.4. 新しい IdM ID 範囲の追加

レプリカの ID が不足し、元の IdM ID 範囲を使い果たした場合など、場合によっては、元の IdM 範囲に加え、新しい IdM ID 範囲の作成が必要になる場合があります。

重要

新しい IdM ID 範囲を追加しても、新しい DNA ID 範囲は自動的に作成されません。必要に応じて、レプリカに新しい DNA ID 範囲を手動で割り当てる必要があります。方法については、DNA ID 範囲の手動割り当て を参照してください。

手順

  1. 新しい IdM ID 範囲を作成するには、ipa idrange-add コマンドを使用します。新しい範囲名、範囲の最初の ID 番号、および範囲サイズを指定する必要があります。

    # ipa idrange-add IDM.EXAMPLE.COM_new_range --base-id=1000000 --range-size=200000
    ------------------------------------------
    Added ID range "IDM.EXAMPLE.COM_new_range"
    ------------------------------------------
      Range name: IDM.EXAMPLE.COM_new_range
      First Posix ID of the range: 1000000
      Number of IDs in the range: 200000
      Range type: local domain range
  2. オプション:ID 範囲をすぐに更新します。

    1. System Security Services Daemon (SSSD) キャッシュをクリアします。

      # sss_cache -E
    2. SSSD デーモンを再起動します。

      # systemctl restart sssd
    注記

    SSSD キャッシュをクリアせずにサービスを再起動すると、SSSD は、IdM サーバーに保存されているドメインリストとその他の設定データを更新するときに、新しい ID 範囲のみを検出します。

検証手順

  • ipa idrange-find コマンドを使用すると、新しい範囲が正しく設定されているかどうかを確認できます。

    # ipa idrange-find
    ----------------
    2 ranges matched
    ----------------
      Range name: IDM.EXAMPLE.COM_id_range
      First Posix ID of the range: 882200000
      Number of IDs in the range: 200000
      Range type: local domain range
    
      Range name: IDM.EXAMPLE.COM_new_range
      First Posix ID of the range: 1000000
      Number of IDs in the range: 200000
      Range type: local domain range
    ----------------------------
    Number of entries returned 2
    ----------------------------