Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第58章 IdM ユーザー、ホスト、およびサービスの外部署名証明書の管理

この章では、Identity Management (IdM) コマンドラインインターフェイス (CLI) および IdM Web UI を使用して、外部認証局 (CA) によって発行されたユーザー、ホスト、またはサービス証明書を追加または削除する方法について説明します。

58.1. IdM CLI を使用した外部 CA からの IdM ユーザー、ホスト、またはサービスへの証明書の追加

Identity Management (IdM) 管理者は、Identity Management (IdM) CLI を使用して、外部署名証明書を IdM ユーザー、ホスト、またはサービスのアカウントに追加できます。

前提条件

  • 管理ユーザーの Ticket-Granting Ticket (TGT) を取得している。

手順

  • IdM ユーザーに証明書を追加するには、次のコマンドを実行します。

    $ ipa user-add-cert user --certificate=MIQTPrajQAwg...

    このコマンドでは、以下の情報を指定する必要があります。

    • ユーザーの名前。
    • base64 でエンコードされた DER 証明書
注記

証明書の内容をコマンドラインにコピーして貼り付ける代わりに、証明書を DER 形式に変換し、これを base64 に再プロビジョニングできます。たとえば、user_cert.pem証明書をユーザーに追加するには、次のコマンドを入力します。

$ ipa user-add-cert user --certificate="$(openssl x509 -outform der -in user_cert.pem | base64 -w 0)"

ipa user-add-cert コマンドは、オプションを追加せずに対話的に実行できます。

IdM ホストに証明書を追加するには、次のコマンドを実行します。

  • ipa host-add-cert

IdM サービスに証明書を追加するには、次のコマンドを実行します。

  • ipa service-add-cert