Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

40.9. Identity Management クライアントの再登録

本セクションでは、Identity Management クライアントを再登録するさまざまな方法を説明します。

40.9.1. IdM におけるクライアントの再登録

本セクションでは、Identity Management (IdM) クライアントを再登録する方法を説明します。

クライアントのハードウェア障害などの理由で、クライアントマシンが破壊され、IdM サーバーとの接続が失われた場合は、キータブがあればクライアントを再登録できます。この場合は、同じホスト名でクライアントを IdM 環境に戻します。

再登録の間、クライアントは新しい鍵 (Kerberos および SSH ) を生成しますが、LDAP データベースのクライアントのアイデンティティーは変更されません。再登録後、ホストは、IdM サーバーとの接続を失う前と同じ FQDN を持つ同じ LDAP オブジェクトに、キーとその他の情報を保持します。

重要

ドメインエントリーがアクティブなクライアントのみを再登録できます。クライアントをアンインストール (ipa-client-install --uninstall を使用) した場合や、ホストエントリーを無効 (ipa host-disable を使用) にした場合は再登録できません。

クライアントの名前を変更すると、再登録することができません。これは、Identity Management では LDAP にあるクライアントのエントリーのキー属性はクライアントのホスト名 FQDN であるためです。クライアントの再登録中はクライアントの LDAP オブジェクトは変更されませんが、クライアントの名前を変更すると、クライアントの鍵とその他の情報は新しい FQDN を持つ異なる LDAP オブジェクトに格納されます。そのため、IdM からホストをアンインストールし、ホストのホスト名を変更して、新しい名前で IdM クライアントとしてインストールするのが、クライアントの名前を変更する唯一の方法です。クライアント名を変更する方法は、Identity Management クライアントシステムの名前の変更 を参照してください。

クライアント再登録中に行われること

Identity Management は再登録中に以下を行います。

  • 元のホスト証明書を破棄する。
  • 新規の SSH 鍵を作成する。
  • 新規のキータブを生成する。