Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

91.5. IdM Web UI での DNS レコードの削除

本セクションでは、IdM Web UI を使用して、Identity Management (IdM) で DNS レコードを削除する方法を説明します。

前提条件

  • IdM 管理者としてログインしている。

手順

  1. IdM Web UI で、Network ServicesDNS → DNS Zones の順にクリックします。
  2. DNS レコードを削除するゾーン (example.com など) をクリックします。
  3. DNS Resource Record のセクションで、リソースレコードの名前をクリックします。

    図91.3 DNS リソースレコードの選択

    zone.example.com ゾーンの情報を表示する DNS Resource Record ページのスクリーンショット。dns レコード名のエントリーが強調表示されています。
  4. 削除するレコードタイプの名前の横にあるチェックボックスを選択します。
  5. Delete をクリックします。

    図91.4 DNS リソースレコードの削除

    A、AAAA および CNAME レコードのエントリーを表示する Standard Record Types ページのスクリーンショット。dns.example.com エントリーの CNAME テーブルのチェックボックスにチェックが入っており、CNAME エントリーの Delete ボタンが強調表示されています。

選択したレコードタイプが削除されました。リソースレコードの他の設定はそのままになります。

関連情報