16.9.3. EJB 2.x のコンテナ管理による永続性の有効化

コンテナ管理による永続性 (CMP) は org.jboss.as.cmp 拡張子によって処理されます。CMP は管理ドメインや standalone-full.xml などのスタンドアロンサーバーの完全設定ではデフォルトで有効になっています。
他の設定で CMP を有効にするには、org.jboss.as.cmp モジュールをサーバー設定ファイルの有効な拡張子の一覧に追加します。
<extensions>
        <extension module="org.jboss.as.cmp"/>
</extensions>
サーバー設定の CMP を無効にするには、org.jboss.as.cmp モジュールの拡張子エントリーを削除します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。