6.2.2. コアモジュールとしての JDBC ドライバーのインストール

前提条件

このタスクを実行する前に、以下の前提条件を満たしている必要があります。

手順6.2 タスク

  1. EAP_HOME/modules/ ディレクトリ下にファイルパス構造を作成します。たとえば、MySQL JDBC ドライバーの場合には、次のようなディレクトリ構造を作成します: EAP_HOME/modules/com/mysql/main/
  2. JDBC ドライバーの JAR を main/ サブディレクトリにコピーします。
  3. main/ サブディレクトリに、以下の例のような module.xml ファイルを作成します。

    例6.1 module.xml ファイルの例

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <module xmlns="urn:jboss:module:1.0" name="com.mysql">
      <resources>
        <resource-root path="mysql-connector-java-5.1.15.jar"/>
      </resources>
      <dependencies>
        <module name="javax.api"/>
      </dependencies>
    </module>
    
    
    モジュール名 com.mysql はそのモジュールのディレクトリ構造と一致する必要があります。
  4. サーバーを起動します。
  5. Management CLI を起動します。
  6. 次の CLI コマンドを実行して、JDBC ドライバーモジュールをドライバーとして追加します。
    /subsystem=datasources/jdbc-driver=DRIVER_NAME:add(driver-name=DRIVER_NAME,driver-module-name=MODULE_NAME,driver-xa-datasource-class-name=XA_DATASOURCE_CLASS_NAME)

    例6.2 CLI コマンドの例

    /subsystem=datasources/jdbc-driver=mysql:add(driver-name=mysql,driver-module-name=com.mysql,driver-xa-datasource-class-name=com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.MysqlXADataSource)
結果:

JDBC ドライバーのインストールおよびコアモジュールとしての設定が完了し、アプリケーションのデータソースによる参照が可能な状態となりました。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。