6.7.7. Microsoft SQLServer のデータソースの例

例6.15

Microsoft SQLServer のデータソース設定例は以下のとおりです。データソースが有効化され、ユーザーが追加されて、検証オプションが設定されています。
<datasources>
  <datasource jndi-name="java:/MSSQLDS" pool-name="MSSQLDS">
    <connection-url>jdbc:microsoft:sqlserver://localhost:1433;DatabaseName=MyDatabase</connection-url>
    <driver>sqlserver</driver>
    <security>
      <user-name>admin</user-name>
      <password>admin</password>
    </security>
    <validation>
      <valid-connection-checker class-name="org.jboss.jca.adapters.jdbc.extensions.mssql.MSSQLValidConnectionChecker"></valid-connection-checker>
    </validation>
  </datasource>
  <drivers>
    <driver name="sqlserver" module="com.microsoft">
      <xa-datasource-class>com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerXADataSource</xa-datasource-class>
    </driver>
</datasources>

上記 Microsoft SQLServer データソースの module.xml ファイルの例は次の通りです。
<module xmlns="urn:jboss:module:1.1" name="com.microsoft">
  <resources>
    <resource-root path="sqljdbc4.jar"/>
  </resources>
  <dependencies>
    <module name="javax.api"/>
    <module name="javax.transaction.api"/>
  </dependencies>
</module>


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。