3.4. 管理 CLI の操作

3.4.1. 管理 CLI によるリソースの属性の表示

概要

read-attribute オペレーションは、選択された属性の現在のランタイム値を読み取りするために使用されるグローバルオペレーションです。デフォルトの値や非定義の値を無視し、ユーザーによって設定された値のみを表示することが可能です。要求プロパティーには次のパラメーターが含まれます。

要求プロパティー

name
選択されたリソース下で値を取得する属性の名前。
include-defaults
false を設定すると、デフォルト値を無視し、ユーザーによって設定された属性のみを表示するようオペレーション結果を制限できるブール変数パラメーター。

手順3.14 タスク

  • read-attribute オペレーションの実行

    管理 CLI より read-attribute を使用してリソース属性の値を表示します。オペレーション要求の詳細は 「管理 CLI での操作とコマンドの使用」 を参照してください。
    [standalone@localhost:9999 /]:read-attribute(name=name-of-attribute)
read-attribute オペレーションの利点は、特定属性の現在のランタイム値を表示できることです。read-resource オペレーションでも同様の結果を得ることができますが、include-runtime 要求プロパティーを追加した場合のみ可能で、そのノードに対して使用できる全リソース一覧の一部のみを表示することができます。次の例が示すように、read-attribute オペレーションは細粒度の属性クエリを対象としています。

例3.5 read-attribute オペレーションを実行してパブリックインターフェース IP を表示する

公開したい属性の名前を知っている場合は、read-attribute を使用して現在のランタイムの厳密値を返します。
[standalone@localhost:9999 /] /interface=public:read-attribute(name=resolved-address)
{
    "outcome" => "success",
    "result" => "127.0.0.1"
}

resolved-address 属性はランタイム値であるため、標準的な read-resource オペレーションの結果には表示されません。
[standalone@localhost:9999 /] /interface=public:read-resource                        
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "any" => undefined,
        "any-address" => undefined,
        "any-ipv4-address" => undefined,
        "any-ipv6-address" => undefined,
        "inet-address" => expression "${jboss.bind.address:127.0.0.1}",
        "link-local-address" => undefined,
        "loopback" => undefined,
        "loopback-address" => undefined,
        "multicast" => undefined,
        "name" => "public",
        "nic" => undefined,
        "nic-match" => undefined,
        "not" => undefined,
        "point-to-point" => undefined,
        "public-address" => undefined,
        "site-local-address" => undefined,
        "subnet-match" => undefined,
        "up" => undefined,
        "virtual" => undefined
    }
}

resolved-address や他のランタイム値を表示するには、include-runtime 要求プロパティーを使用する必要があります。
[standalone@localhost:9999 /] /interface=public:read-resource(include-runtime=true)
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "any" => undefined,
        "any-address" => undefined,
        "any-ipv4-address" => undefined,
        "any-ipv6-address" => undefined,
        "inet-address" => expression "${jboss.bind.address:127.0.0.1}",
        "link-local-address" => undefined,
        "loopback" => undefined,
        "loopback-address" => undefined,
        "multicast" => undefined,
        "name" => "public",
        "nic" => undefined,
        "nic-match" => undefined,
        "not" => undefined,
        "point-to-point" => undefined,
        "public-address" => undefined,
        "resolved-address" => "127.0.0.1",
        "site-local-address" => undefined,
        "subnet-match" => undefined,
        "up" => undefined,
        "virtual" => undefined
    }
}

結果

現在のランタイム属性値が表示されます。