13.2.6. Web サービスエンドポイントについて

Web サービスエンドポイントは、エンドポイント実装のデプロイメントを介して JBoss Enterprise Application Platform 6 で公開されます。これにより、エンドポイントをデプロイメントリソースとして問い合わせできます。各エンドポイントでは、Web コンテキストと WSDL URL が Web サービス要求を促進し、バインディング属性とサービスのインスタンスを関連付ける特定の場所を指定する必要があります。
Web サービスサブシステムは、JBossWS プロジェクトにより提供されます。利用可能な設定プロパティーの詳細については、プロジェクトドキュメンテーションを参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。