6.2. JDBC ドライバー

6.2.1. 管理コンソールで JDBC ドライバーをインストール

まとめ

お使いのアプリケーションが JDBC データソースに接続する前に、データソースベンダーの JDBC ドライバーを Enterprise Application Platform が利用できる場所にインストールする必要があります。JBoss Enterprise Application サーバーがあると、他のデプロイメントと同じようにこれらのドライバーをデプロイできます。つまり、管理ドメインを使っている場合、サーバーグループ内の複数のサーバーに対してデプロイ可能です。

前提条件

このタスクを行う前に、以下の要件を満たす必要があります。

  • データベースベンダーから JDBC ドライバーをダウンロードします。
  • アーカイブ (ZIP あるいは TAR ファイル) を展開し、実際のドライバーを含む JARファイルを探します。

手順6.1 タスク

  1. 管理コンソールへのアクセス

  2. JAR ファイルをお使いのサーバーあるいはサーバーグループにデプロイします。

    管理ドメインを使っている場合は、JAR ファイルをサーバーグループにデプロイします。使っていない場合はサーバーにデプロイしてください。「管理コンソールを使いアプリケーションをデプロイ」 を参照してください。
結果:

JDBC ドライバーがデプロイされ、お使いのアプリケーションで利用できるようになります。